受賞:NISCイソバンドデザインコンテスト/掲載:新建築2017年11月号

Posted カテゴリー: '12-14『』の家1.Topics受賞掲載

2014年に完成した大阪市の住宅、『』の家が第8回NISCイソバンドデザインコンテストの住宅部門賞を受賞しました。また、同コンテストの審査の模様は新建築2017年11月号に掲載されています。よろしければご覧ください。

イソバンドはNISC(日鉄住金鋼板)の外装材の商品名です。『』の家は狭小間口のため外側から人が入って施工することが出来ず、建物内側からジョイント可能・かつ断熱材の入った鋼板パネルを採用しています。外気から室内までの壁厚みは僅か50mmです。壁が薄いということは配管類や鉄骨部材が全部露出になってしまうということなので、非常にシビアな施工が求められます。担当して頂いた大和建設さんの高い技術力と細部へのこだわりがなければ、おそらくこの計画は実現しなかったでしょう。ディテールや法規制対応に協力して頂いたNISCの皆さまにも感謝申し上げます。また、スリムな構造架構を計画してくれた磯本佳秀くん、プライバシーの調整が必要な大きな開口に3種類のカーテンを組み合わせて提案して頂いたfabricscapeさん、工事中から現場に入って撮影して頂いた山田圭司郎さん、拙作を選出して頂いた青木淳・千葉学 両先生、そして何より思い切った案にも快くOKを頂き、上手に住みこなして頂いているお施主さま一家に感謝いたします。ありがとうございます。

 

受賞発表とはいえ、私たちの事務所では新建築への初掲載となり、大変光栄です。またこういう機会に恵まれるよう、更に精進したいと思います。

 

[amazonjs asin=”B075QTPXN3″ locale=”JP” title=”新建築2017年11月号/木造特集”]

掲載:IX Design 2016年4月号

Posted カテゴリー: '12-14『』の家1.Topics掲載

弊所設計の『』の家が韓国の建築雑誌「IX Design」に掲載されています。『』の家は何故か韓国の方に評判が良いようです。当地も割と狭小住宅が多いのでしょうか。溢れる下町感が良いのかしら。など色々想像膨らみます。海外プレスにリリースしていると、反応のよい地域とそうでない地域が物件によって全然違います。とても不思議ですね。

掲載:木を魅せる住まい

Posted カテゴリー: '12-14『』の家1.Topics掲載

 

弊所が設計監理を行いました大阪市旭区の『 』の家が、今月発売の『木を魅せる住まい』(ニューハウス出版社)に掲載されています。鉄骨造ですが、ラワンでつくったキッチンを「木を魅せる住まい」に選んで頂きました。ありがとうございます。ゴージャスなキッチンではありませんが、シンプル・コンパクトでかわいい子です。よろしければご覧下さい。

 

[amazonjs asin=”4889693661″ locale=”JP” title=”自然のぬくもり 素材へのこだわり 木を魅せる住まい (home make)”]

掲載:ガレージのある家34

Posted カテゴリー: '12-14『』の家1.Topics掲載

 

弊所が設計監理を行いました大阪市旭区の『 』の家が7/21発売の『ガレージのある家 vol.34(ネコ・パブリッシング)』に掲載されています。ポルシェやフェラーリが並ぶ豪邸と一緒に載っているのは何か不思議な感じです(狭小ガレージハウス特集なのです)。なんと撮り下ろし6ページ。やまもともチョイ役で登場しています。若干高めですが、非常に丁寧に取材されたよい本です。よろしければご覧下さい。

 

[amazonjs asin=”4777018563″ locale=”JP” title=”ガレージのある家 VOL.34 (NEKO MOOK)”]

取材

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

まもなく竣工一年の『』の家。雑誌の取材で久々にお伺いしました。

 

リビングから見上げ。ルーフテラスにグリーンが入ってとても良い感じです。トマトやキュウリなど、プチ家庭菜園にもなっています。限られた空間を最大限に生かして、うまく住んで頂いているお施主さまの住みこなし力に感謝。まだまだ色々な計画があるとのことで、この家がどうなっていくか成長が楽しみです。

写真撮影

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

引越しの荷物がほぼ片付いたとのご連絡を頂き、さっそくカメラマンと竣工写真の撮影に伺いました。
何しろ建物の幅が狭いのでカメラのセッティングが大変でしたが、お施主さまご一家にも登場いただき、良い写真が撮れました。出来上がりが楽しみです。

オープンハウス

Posted カテゴリー: '12-14『』の家オープンハウス・講演

旭区のスキップフロア住宅。オープンハウスを行いました。限られた時間でしたがお施主さま、建築家の方々、学生・・・と約40名ほどの方にご来場頂き大盛況でした。皆様本当にありがとうございました。

相変わらず人気の断面模型。確かに自分が見ている模型の中に自分が居るっていうのはとても不思議な体験ですね。

設計・施主検査

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

旭区のスキップフロア住宅。役所の完了検査も終わり、竣工まであと一息です。我々設計事務所の竣工検査とお施主さま検査を行いました。
家全体を回って、傷や汚れなどがないかチェックしていきます。気になるところは付箋やテープで印をして、完成までに手直しをお願いします。

「」の家 オープンハウスのお知らせ

Posted カテゴリー: '12-14『』の家オープンハウス・講演

※このイベントはすでに終了しています。

この度、弊所が大阪市旭区で設計監理を行っております住宅が無事完成を迎えます。密集市街地に建つ鉄骨造のスキップフロア狭小住宅です。お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うことになりましたのでご案内申し上げます。引き渡し間際のため、短い時間ではございますが皆様お誘い合わせの上お越し頂ければ幸いです。
日時:2014年8月2日(土) 13:00-17:00
場所:大阪市旭区

ペンキ塗りたて

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

内装工事も大詰め。塗装工事を行っています。今回、外壁パネル自体は工場塗装されたものなので、鉄骨の柱や梁の塗装がほとんど。普通に壁を塗る場合に比べると面積は少ないのですが、入り隅や部材の取り合い部分など、塗りにくい箇所が多く、なかなか曲者です。何でもすっぴんで美しく見せることは難しいものだなぁ。

吹き抜け&カーテン

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

スキップフロア住宅現場。大きな南向きの開口は気持ち良いのですが、光の調節やプライバシーの確保が難しい。何時もお世話になっているfabricscapeさんとカーテン生地や脱着方法を検討しています。


ほぼ2層分の高さのカーテン。まだ足場があるので全貌は秘密ですが、とても涼しげです。無骨な鉄骨建築がカーテン一枚で一転、柔らかな空間に。布地の持っている力はすごいものです。

吉野で杉選び

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

奈良県大淀町の材木屋さん。お施主様・建設会社とフローリング材の選定にやって来ました。杉桧など、大きな木材が形や長さごとにたくさん積み上げれられています。


今回も例によって(?)床材は杉足場板です。ローコスト化という面ももちろんなのですが、幅20cm厚み3.5cm長さ3M、といったぶ厚くてラフなテイストが他の材ではなかなか再現できないので、デザイン的にも当所のスタンダードになりつつあります。
ただあくまで「足場板」なので、反りや空きが出ること、節が多いこと等一般的なフローリング材に比べて建材としての精度が劣るため、施工する上で色々な問題が出てきます。ある程度は「味」ということでお施主様に許容していただきながら、人工乾燥でなく自然乾燥品を使ったり、節の少ない良い材を選別したり、片面だけを削って表面を平滑にしたり、留め方を工夫したり・・とできるだけの対策を行っていきます。

骨組みから建築へ

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

引き続き内装工事を進めています。屋根の断熱材も施工完了。今回はフラット35S基準をクリアする分厚い高性能グラスウールです。


壁がスケルトン状態のため、設備配線・配管が大変。小さなパイプスペースに給排水・ガス・電気・空調・換気、全て集中させて各階に枝分けしています。

現場見学会

Posted カテゴリー: '12-14『』の家


縁あって、建築を学ぶ専門学校の生徒さんたちが見学に来られました。学校でちょうど今、狭小住宅の課題に取り組んでおられるそうです。この物件はまさにザ・狭小住宅。この上ない参考例です。やまもとも計画について熱く語らせて頂きました。

 

スキップフロアが楽しいのか、みなさん家を上がったり下がったり。

 

 

模型にくびったけの図。計画したものと実現したものを比べられたらいいのでは、と思って用意しました。家づくり道のりは辛く険しいですが、図面に書いたものが実際に建築になる楽しさを少しでも感じてもらえれば良いなあと思います。

 

 

エキスパンドメタル階段

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

鉄骨階段が無事に取り付きました。住宅の階段は建築基準法で幅、蹴上、踏面の最小寸法が定められています。そのため狭小住宅では限られた空間に階段をいかに収めるのかが大問題です。今回も最も厳しい幅方向は梁とのクリアランス5mmほど。図面では書けますが実際の作業は部材の取り付けに手や工具を入れるスペースがあるのか、あとから塗装できるのか、ボルト類が飛び出て邪魔しないか、などクリアしなければならない問題がたくさんありました。

 

蹴上・踏面はエキスパンドメタル。前面道路側以外に採光がとれない鰻の寝床形状なので、ルーフテラスから少しでも下階に光が届くようにとの意図です。工場っぽい内装とも良くマッチしています。上足で使用するので、お子さまが網目に足指をひっかけないか実験して、目の細かさを決定しました。

 

 

隣地ギリギリ外壁

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

いよいよ外壁の鋼板サンドイッチパネルの取付です。全て建物内側から施工可能、フラット35をクリアする断熱性、外壁耐火構造認定、防水不要・・・と非常に厳しい条件をクリアできた国内唯一の材料です。

 


クレーン等は一切入らないので、一度人力で屋根までパネルを全て上げ、そこから一枚ずつ落としこんでいきます。中は断熱材とはいえ、鋼板パネルは相当な重量でした。職人さんに感謝。

 


施工後。右はお隣さんの外壁。見事ギリギリに収まりました。格好良いシルバー色なんですが、外からほとんど見えないのが残念。

 

 

中間検査

Posted カテゴリー: '12-14『』の家

確認検査機関による二回目の中間検査を行いました。ややこしい階層構成なので、検査官の方もあっち行ったりこっち行ったり大変です。中間検査では、現場が設計図のとおり施工されているか、また鉄骨やコンクリートなどが適切な強度を有しているか、検査機関によるチェックを受けます。最終的に壁や天井が仕上がってしまうと中が見えないので、中間検査は構造体の施工をチェックする重要な関所となっています。現場の協力もあり、今回も特に問題もなくクリアすることが出来ました。次はいよいよ最大の山場、隣地境界ぎりぎりでの外壁工事です。