基本設計が進んでいます

投稿日: カテゴリー: '20-大阪市東成区S邸

大阪市内の新築計画。基本設計中です。プレゼン時にA、B、C案と作成しましたが、その後お施主様のご要望を盛り込みつつFー2案まで進んできました。L字型のLDKで三角形の南庭を囲んでいます。プランが進むにつれて、今回の敷地・予算で可能なこと・不可能なことが整理されて行きます。

ファーストプレゼン案x3

投稿日: カテゴリー: '20-大阪市東成区S邸

今回は2面道路・変形地のため、色々な方向性が考えられます。そのため3案プランを作成して、お施主様に見て頂くことになりました。A案は、ヒヤリングした内容から素直につくったプラン。北・西に諸室をまとめ、空いた変形スペースを吹抜ダイニングキッチンとする案です。外部は南・西に2つの庭があります。南庭はスリット状の植栽ゾーンとしてアプローチや室内から楽しむ。西庭は高めの塀で囲ってバスコートや物干しとして活用。

東側から。カッコ良い窓と塀をつくりたいなぁ。(でも高くつきそうだなぁ。。)

西側から。道路セットバックの影響で敷地と道路の間に余白が出来るので、この向きなら駐車もしやすい。

庇のある三角屋根の家型ではなくビルのような箱型のほうがお施主様のイメージに近いので、屋根の掛け方を少々工夫してフラットルーフに見えるように。

B案は一番コンパクトな案です。道路際は寡黙な表情として塀は設けずローコスト化。

外壁はモルタルなど左官仕上のイメージ。大きな壁面は重量感があって良いですが、クラック対策に気を使います。

建物をくの字に曲げて、少し囲われた雰囲気の庭をつくり、大きめのシンボルツリーをLDKや諸室で取り囲む。北側の庭は何となくマイナスイメージがありますが、直射日光を気にせず大開口を取れ、植栽には南側から太陽光が当たるので室内から綺麗に見えるメリットがあります。

B案俯瞰。室内へはトップライトから採光。

C案は1階四周をガラスとしたオープン案。敷地周辺の家々は路地まで生活がはみ出していて、プライベートとパブリックが混然一体となっています。そういう住み方を踏襲して、道路に見立てた回遊性のあるLDK・水廻りをつくり、まちが家に入り込んでくる・まちに家が浸み出していくような生活は素敵ではないかと考えました。

C案東から。ある程度背の高い植栽で柔らかく目隠し。緑が少ない場所なので、敷地角が公園のような感じになれば良いな。

隣地境界沿いにつくったウォークスルーな水廻りが非常に気持ちよさそう。南西角はインナーテラス。

斜線制限で削られる2階部分はコンパクトにまとめて、1階の屋上をオープンエアで楽しむ。

全然違う方向性の案を考えたことで、意外な敷地の可能性を探ることが出来ました。それと同時に、ヒヤリングではなかなか見えてこないお施主様の考え方・感じ方を探ることも出来たように思います。ただ、実際に建てられる建物は1つ。非常に悩ましいですね。皆さまA~C案、どれがお好みでしょうか。

角地の敷地調査

投稿日: カテゴリー: '20-大阪市東成区S邸

大阪市東成区。土地探しの段階からご相談頂いていたお施主様より、計画地が決定したとご連絡を頂き敷地調査を行いました。ちょっと尖った角地なので、どういう建物がベストか、色々検討の余地がありそうです。

レトロ感溢れる今里新道商店街。東西にめちゃめちゃ長い商店街です。かなりの部分が既にシャッター街化していて残念。何とかならないかなあ。

その後、近くにある「彩ちゃんの家」の様子を伺いました。焼杉は退色しつつありますが、クラックのない左官壁はさすが。(念入りな下地の賜物です)