レゴとダイヤブロックの建築家的な比較

Posted コメントするカテゴリー: 道具


レゴから20世紀を代表する建築家フランク=ロイド=ライトの名作、グッゲンハイム・ミュージアムと落水荘(Falling water)が出るそうです。写真を見る限り、若干微妙な出来栄えではありますが・・・一建築家としては、少し、欲しいような。グッゲンハイムは別として、確かに一時のライトはレゴ的ですし・・・。

旧山邑邸[芦屋市 | フランク・ロイド・ライト設計]
それはさておき、ぼくはレゴは小さい頃から今まで一度も買ったことが、また買ってもらったことがありません。親戚の子が持ってたので辛うじてそれで遊んだことはありますけど。というのは我が家はダイヤブロック派だったからです。
ダイヤブロックはレゴのまがい物のように思われる方もいるかもしれませんが、全く似て非なるものです。コンセプトがかなり違う。レゴの基本姿勢は、ある完成形があって(つまり箱に描いてあるもの)その部品を過不足なく組み立てていく、という考え方。凸凹がないパーツやななめのパーツ、極小のパーツもどんどん出てくる。それに対してダイヤブロックは、基本的には「積み木」です。完成形はあんまり意識されてない。ある一つのゴールに向かうのではなく、作り手(つまり子供ですが)が何を作るか考えないといけない。ある比較サイトによれば、
・レゴのほうがカチッとはまる。ダイヤブロックはそんなにしっかりパーツがはまらない。
・レゴは基本ブロックの比が3:4、ダイヤブロックは1:2
確かにこれは実際そうだった記憶があります。


ブロックの接合の強さは、まさにコンセプトの違いをよく表しています。レゴは基本的に1度組み立てれば完成、あとは展示品になるのでしっかり固定する必要がある。ダイヤブロックは積み木的なので遊ぶのが終わったら全部バラして、また入れ物に戻して片付ける。
ブロックの縦横比の違いは実際、かなり創作に影響を及ぼしていたはずです。つまり縦横の使い分けによってダイヤブロックは簡単に正方形をつくることが出来る。それによって子供ながら出来栄えのプロポーションというか、要するに「おお、なんとなくカッコよくなった!!」みたいな感覚で遊べたように思います。うまく出来たらバラさず次の日まで置いて眺めたり。
やまもとは特にブロック遊び大好きっ子だったので・・・別に友達が少なかった訳ではありませんが・・・朝から晩までダイヤブロックで遊んでいました。縦横に積んだり、斜めに積んでみたり、角のひとコマだけ積んで、可変式にしてみたり…。一つのものを作るなら完成度はレゴに遥かに及びませんが、一つの部品の集まりで何でもつくれる、ブロックが何にでも変われる、という自由度はダイヤブロックのほうが勝っていたように思います。
そういえば幼い頃、レゴを親にねだった事がなかったのは、なんとなくそういう不自由さが嫌だったのかもしれません。(注:もちろんレゴにも用途が決まってないシリーズ、ダイヤブロックにも用途が決まっているシリーズはあります)

新潟の建築めぐり:潟博物館

Posted カテゴリー: 新潟

何となく、以前からずっと惹かれていた建築です。福島潟というラグーンについての資料館。福島県ではなく新潟県にあります。完成後の建物の名称はビュー福島潟。

他に背が高い建物がないので、遠くからでもよく目立ちます。

2Fからのアプローチ

正面

外壁の茶色に見える部分のディテール。なかなか当時この素材チョイスはないですね。

エントランスホール

エントランスホール見下ろし。

福島潟に住む鳥・魚などの展示と外に広がる風景を見ながらスロープを上がっていきます。

最上階はホールと展望コーナー。

ホールの天井見上げ。吸音効果を考えてのことと思いますが、とりあえずフカフカでかわいいです。

屋上にも上がれます。寒ぃ~

カフェ。

らせん形プランのため、トイレは廊下から直接個室に入る仕組みです。独特で面白い。

お隣の遊水館と統一したオニギリ型タイル、昔はごく普通に見かけたものですが、最近ではレアです。改めて見ると結構かわいくて良いですね。

遥か彼方にアルプスを望む。ところで昔からの疑問・・・潟博物館って「ガタハクブツカン」って読むんでしょうか・・・。

大阪の建築めぐり:住吉の長屋

Posted カテゴリー: 大阪

近くに行ったので、久々に立ち寄りました。日本で最も有名な住宅の1つです。

風化していた打放しコンクリートが綺麗になっていてびっくり。最近は打放しコンクリートをリフレッシュする技術もずいぶん向上していますね。

住吉大社界隈。建設当時の写真とは随分風景が変わってますが、下町風情を残す町並み。チンチン電車に住之江競艇。良いところです。

京都の建築めぐり:京都国立博物館エントランス

Posted カテゴリー: 京都


関西にある貴重な谷口建築です。何度も車で前は通っていたものの、入るのは初めて。

 


鏡のように景色を映す水盤。

 


ぼうや、大きくなったらいい建築家になるんだよ。。。

 


恐ろしくシンプルなスチールドア。コーキング・丁番が全く見えない収まり。

 


恐ろしくシンプルなディテールの自動ドア(左)。公共施設では普通考えられないディテールです。

 


さすが、と唸る設計ながら、施設の使われ方が若干残念でした。立て看板やら、フェンスやら、ポスターやら、建築を考えずに物を選んで置いているものだから、なかなか絵にならず。。残念です。

 

>> 京都国立博物館ホームページ

大阪の建築めぐり:光の教会

Posted カテゴリー: 大阪

安藤忠雄氏、不朽の名作。正式名称は日本キリスト教団茨木春日丘教会。

誰が撮っても絵になります。

教壇から見返し。床は工事用足場板をブラック色に塗装。

十字架の右上と左上は天井・壁で吊った状態になっています。

敷地内にはお墓がちらほら。見学には予約が必要です。
http://www.ibaraki-kasugaoka-church.jp/

東京の建築めぐり:ギャラリー・トム

Posted カテゴリー: 東京

松濤にある美術館です。小ぶりですが(場所が場所だけに)、個人的にここはとても好きな場所です。

撥水材を塗ってないのか、コンクリートが焼き物のようになっています。渋い。

目のみえない人も美術品を楽しめる、という美術館自体のコンセプトが刻まれています。展示品は全て触って楽しめるのです。

内部。手作り感があってとても居心地がいい空間です。屋根はV字型にスチールプレートを折って、大空間を飛ばしていますね。断熱は上下に入れているのかな。

誰だって展示品を触れると嬉しいですよね。

建築を見に来た、といったら、わざわざ屋上の鍵を開けて下さったり、美術館の方々がとっても親切で感激でした。

滋賀の建築めぐり:ブルーメの丘美術館(旧赤い帽子織田廣喜ミュージアム)

Posted カテゴリー: 滋賀

安藤忠雄氏、中期の代表作の一つ。照明一切なしの日没閉館ミュージアム。

エントランス。

エントランス見返し。

とても気持ちよい展示室。光量もちょうど良い感じ。絵の保存にはけっこう過酷な環境のようにも思います。

動きますが動かせない雰囲気の椅子。

曲面壁に沿って徐々に室内へと導かれるアプローチ。

非常に良く出来た美術館なのですが、哀れ2005年に閉館してしまいました・・・が、2007年に再オープンしたらしいです。・・・どうも最近はまた閉まっている模様です。

京都の建築めぐり:京都科学・開発センター

Posted カテゴリー: 京都

関西学術研究都市にあるオフィス。奇をてらったデザインではありませんが、ものすごい存在感です。

せっかくのサンクンガーデン部分が資材置き場と化していて、あまり綺麗に使われていないのが非常に残念でした。→その後取り壊されてしまいました。大変残念です。

兵庫の建築めぐり:兵庫県立美術館

Posted カテゴリー: 兵庫

ここは、一言で言うと『くたくた』。常設展・企画展両方見ると非常に疲れます。それは建物が大きいことだけではなく、質量ともにクオリティの高い作品が多いということでしょう。

かなりの階段建築で、中には登っても行き止まりの階段もいくつかあります。フェイクというより、そのうち階段空間を活用して何かしたいと考えるアーティストが出てくることを見越したデザインのように思われます。

ついつい撮ってしまうエントランスの螺旋階段。

対岸は港なので、意外とオーシャンビュー!という感じではないです。

展示室内。

バックヤード廻り。鉄扉の塗分けは、所員の茶目っ気かな。

奈良の建築めぐり:五條文化博物館

Posted カテゴリー: 奈良

奈良県五條市。金剛山の山裾、人気のない山の中にあります。→その後付近が開発されて、だいぶ雰囲気が変わりました。

この日は一面すごい霧。幻想的な雰囲気です。

安藤氏のアイコンの一つ、打放しエレベータータワー。

中庭。円い平面形状なので、五條バウム(バウムクーヘンの"バウム")が愛称なんだそうです。

離れに茶室もあります。もちろん打放しです。