京都の建築めぐり:京都科学・開発センター

投稿日: カテゴリー: 京都

関西学術研究都市にあるオフィス。奇をてらったデザインではありませんが、ものすごい存在感です。

せっかくのサンクンガーデン部分が資材置き場と化していて、あまり綺麗に使われていないのが非常に残念でした。→その後取り壊されてしまいました。大変残念です。

兵庫の建築めぐり:兵庫県立美術館

投稿日: カテゴリー: 兵庫

ここは、一言で言うと『くたくた』。常設展・企画展両方見ると非常に疲れます。それは建物が大きいことだけではなく、質量ともにクオリティの高い作品が多いということでしょう。

かなりの階段建築で、中には登っても行き止まりの階段もいくつかあります。フェイクというより、そのうち階段空間を活用して何かしたいと考えるアーティストが出てくることを見越したデザインのように思われます。

ついつい撮ってしまうエントランスの螺旋階段。

対岸は港なので、意外とオーシャンビュー!という感じではないです。

展示室内。

バックヤード廻り。鉄扉の塗分けは、所員の茶目っ気かな。

奈良の建築めぐり:五條文化博物館

投稿日: カテゴリー: 奈良

奈良県五條市。金剛山の山裾、人気のない山の中にあります。→その後付近が開発されて、だいぶ雰囲気が変わりました。

この日は一面すごい霧。幻想的な雰囲気です。

安藤氏のアイコンの一つ、打放しエレベータータワー。

中庭。円い平面形状なので、五條バウム(バウムクーヘンの"バウム")が愛称なんだそうです。

離れに茶室もあります。もちろん打放しです。