建築をお考えの方へ

家や建物のつくり方には様々な方法があり、それぞれ一長一短があります。例えばファストフードやファミリーレストランのように定型・安価・短時間で出来る建築をご希望なら、ハウスメーカーや建売住宅がおすすめです。また、ご自身で描いた間取りや図面を具体化したいとお考えなら、工務店や建設会社に依頼されれば良いアドバイスが得られるでしょう。一方で「限られた条件の中で一体どうやったら良い建築になるのか分からないけど、あんな感じもこんな感じも素敵だなあ」と漠然としたイメージが膨らむ方や「世間の常識とは少し異なるけど自分たちにとって居心地が良い空間をつくりたいなあ」とお考えの方なら、設計事務所/建築家との家づくりが最適です。

とはいえ世の中にはたくさんの設計事務所があります。まずは過去の事例を眺めたり文章を読んだりして、何となくイメージに合いそうだなあという事務所にご相談ください。その「何となく」の奥に隠れた本質的な願望や条件を汲み取って、1つの建築に結実することが私たちの仕事です。建物が完成するまで、また完成した後も長いおつきあいになりますので、じっくり選んでいただければよいと思います。

私たちがデザインの統括を行い、施工者がそれを実現しますが、原動力はお施主様の建築にかける想いや情熱です。なので多少厳しい条件であっても、夢やご希望をどうぞたくさんお聞かせ下さい。一生に数回しかない貴重な建築の計画にご協力させて頂ければ幸いです。

大切にしていること

寿命の長い建築。

完成後、お施主さまに永く使われる建築がよいと思っています。厳しい風雨に耐えうる構造・設備の性能はもちろんのこと、新築ではプリントやプラスティックな素材は極力避け、リノベーションではすでにある古い素材を大切に、時が経つほど人に馴染む素材使いを心がけて設計を行っています。

工具箱の家|細長くてコンパクトな平屋の都市住宅|大阪市都島区

無理なく無駄なく。

複雑に絡み合った条件をできるだけ整理して、シンプルな建築を設計するように心がけています。条件を整理していくと自然とそこに行き着いた、という無理・無駄のない設計が一番よいと思っています。

めもりの家|街と住まいと暮らしの今まで・これから|奈良市

主役はお施主様。

プロジェクトにおける主役は建築家ではなくお施主様です。私たちはお施主さまを脇でサポートし、お施主様の代理として建設会社や行政庁と向き合います。お施主さまの想いをお聞きして、一緒に悩み、考えながら設計を行っています。

竣工がスタート。

建築は工事の竣工時が100%ではなく、お施主さまが住んで、使って、色々な人と物が共存している状態が完成と考えています。建築家にとってのゴールではなく、お施主様にとってのスタートラインとなる建築をつくりたいと思っています。

ご相談から完成まで

1.お問い合わせ
費用:無料(※1)

まずは当ホームページ右上の【お問い合せ】⇒【建築設計のご依頼】より必要事項を明記の上お問い合わせ下さい。ご計画の物件や時期が決まっていない段階でも大丈夫です。大阪上本町にあるオフィスでは予約制の無料相談を承っております。ご自宅や計画地に出向いての出張相談も可能です。
⇒【建築設計のご相談】はこちらから。

2.物件探しのコンサルティング
費用:50,000円+税 /年

土地・建物が未定の場合、難しい中古物件探しのお手伝いを承ります。候補物件のメリットや危惧される点などを建築士の立場から助言し、物件に関わる法規制や隣地との関係、インフラの状況について不動産資料に記載されている内容が正確かどうか検証します。

3.立案・プレゼンテーション
費用:
50,000円+税(150㎡未満)
100,000円+税(150㎡以上)
(※2)(※3)

ご希望の条件、物件の状況やご予算、法規制などを勘案して計画を立案します。プレゼンテーションは図面や模型、CGなどを使いながら、計画案を分かりやすくご説明します。予算計画や工期の目安、設計監理料もご提示します。

4.設計監理契約

費用:設計監理料の20%

引き続き設計を進める場合は、お施主様と当事務所との間で建築設計・監理等業務委託契約を締結します。また契約に先立ち、建築士法に基づく重要事項説明を行います。

5.基本設計

費用:設計監理料の20%

ファーストプレゼン案をたたき台として、納得して頂けるプランとなるまで何度も案の練り直しを行い、設計の基本的な内容を決定します。必要に応じて構造設計事務所・設備設計事務所・管轄官庁・建材メーカー等と打ち合わせを行います。

6.既存解体・詳細調査

既存建物を早い段階で解体出来れば、着工後に予期せぬ追加工事が発生するリスクを低減できます。新築では、更地にした上で地盤調査を行い地盤補強の要否判定を行う必要があります。改修では、仕上材で見えない屋根裏や床下を調査する必要があります。

7.実施設計

費用:設計監理料の20%

詳細図面を作成し、素材や設備の仕様を決定します。構造・設備の詳細設計を行い、仕様書・意匠図・構造図・設備図がそろって「設計図書」の完成です。

8.見積・合理化案検討
(※4)(※5)

実施設計図面をもとに、原則3社の建設会社にあい見積を依頼します。提出された見積を査定し、予算を超過した場合は設計内容の合理化・見直しを行います。

9.施工会社決定・工事契約
費用:設計監理料の20%

工事内容と工期が決定すると、お施主様と施工会社との間で工事請負契約を締結します。契約書には監理者として当事務所も記名・捺印します。

10.着工・監理

工事がはじまると建設会社から提出される施工図を当事務所がチェックし、現場が設計図書通りに施工されているか監理します。お施主様とも最終的なデザインや仕様の確認を行っていきます。

11.竣工・引き渡し
費用:設計監理料の20%

完成検査を行い、建物を最終的にチェックします。また、物件の規模・内容に応じて管轄官庁の完了検査を行います。建設会社から各使用機器の取扱い説明と保証書や鍵の引渡しを行い、完成です。

12.アフターフォロー
費用:ご相談無料

竣工1年後に建設会社と共に点検にお伺いし、問題箇所があれば是正を指示します。それ以降は竣工3年後、5年後、10年後と定期的にご連絡して建物に不具合がないか、追加のご要望などがないかお伺いします。建物同様、長くお付き合いさせて頂ければ幸いです。

色の項目はご計画によって要する期間が大きく異なるため、竣工までの必要期間はお約束できませんが、30坪マンションリノベーションの場合で約1年、35坪新築住宅の場合で約1年半、35坪古民家改修の場合で約2年程度が目安です。

(※1)出張相談の場合は(5,000円/時間+税)+(事務所からの往復交通費×2)が必要です。
(※2)遠方地や特殊な設計条件等、追加費用が必要になる場合があります。
(※3)既存図面がない場合は建物調査・図面作成費が別途必要です。
(※4)4社以上の見積査定には別途事務経費が必要です。
(※5)立地条件や建築の内容により、依頼先を3社確保できない場合があります。

設計監理料について

建築物の設計・監理に関する業務報酬は平成31年国土交通省告示第98条(実費加算方式)に基づき算出します。

名称

内訳

平成31年国土交通省告示第98号第二・第三に定める内容

(1)業務経費

イ 直接人件費

設計等の業務に直接従事する者のそれぞれについての当該業務に関して必要となる給与、諸手当、賞与、退職給与、法定保険料等の人件費の一日当たりの額に当該業務に従事する延べ日数を乗じて得た額の合計

ロ 特別経費

出張旅費、特許使用料その他の建築主の特別の依頼に基づいて必要となる費用の合計額

ハ 直接経費

印刷製本費、複写費、交通費等設計等の業務に関して直接必要となる費用(ロに定める経費を除く。)の合計額

ニ 間接経費

設計等の業務を行う建築士事務所を管理運営していくために必要な人件費、研究調査費、研修費、減価償却費、通信費、消耗品費等の費用(イからハまでに定める経費を除く。)のうち、当該業務に関して必要となる費用の合計額

(2)技術料等経費

設計等の業務において発揮される技術力、創造力等の対価として支払われる費用

設計監理業務報酬の算定例1 【100㎡・木造2階建て・新築住宅・整形平面・事務所近郊・設計監理一括ご契約の場合】

名称

内訳

当事務所算定法

金額

(1)業務経費

イ 直接人件費

業務量

平成31年国土交通省告示第98号別表第14【戸建住宅(詳細設計を必要とするもの)】

789 (h)

人件費単価

国交省発表 令和4年度設計業務委託等技術者単価【技師(C)相当】

4,100(円/h)

設計と監理一括でご契約の場合

3,625(円/h)

789 × 3,625 =

2,860,125

ロ 特別経費

0

ハ 直接経費

イ ×5%

143,006

ニ 間接経費

イ ×5%

143,006

(2)技術料等経費

【面積・長さに応じ算定】

既存実測調査・既存図面作成、造園・外構、塀・門扉、フラット35・長期優良住宅・BELS等認証手続き、日影・天空率計算、市街化調整区域内 建築許可申請、構造設計監理(S/RC)、解体工事監理など

0

【機器種別に応じ算定】

全館空調、パネルヒーター、蓄熱冷暖房、太陽光発電設備、暖炉・薪ストーブ、エネファーム、床暖房、リビングライコン・シーンコントローラー、HEMS・BEMS、オーディオ配線、セキュリティ機器、ガス乾燥機、サインプレート、エレベーター、ダムウェーダー、リフト、エスカレーター、機械式駐車場など

0

【その他】

施主支給物品発注代行、可動家具・什器のデザイン・コーディネート、カーテン・ブラインド・ロールスクリーンのコーディネート、補助金・助成金手続き

0

合計(税別)

3,146,137

設計監理業務報酬の算定例2 【100㎡・木造2階建て・住宅リノベーション・整形平面・事務所近郊・設計監理一括ご契約の場合】

名称

内訳

当事務所算定法

金額

(1)業務経費

算定例1と同様

3,146,137

(2)技術料等経費

【面積・長さに応じ算定】

既存実測調査・既存図面作成、造園・外構、塀・門扉、フラット35・長期優良住宅・BELS等認証手続き、日影・天空率計算、市街化調整区域内 建築許可申請、構造設計監理(S/RC)、解体工事監理など

110,000

合計(税別)

3,256,137

※遠方地や特殊な構造・設備のご要望など、諸条件により計算が異なりますので、設計監理料はファーストプレゼン時にご提示致します。