リノベーションの進め方

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

1.お問合せ

費用:無料(※1)

まずは当ホームページのメールフォームよりお問い合わせ下さい。計画地や計画時期が決まっていない段階でも結構です。大阪オフィスでは無料相談を承っておりますので、直接お打合せして、具体的な計画内容をお伺いすることも可能です(予約制)⇒メールフォームはこちらです。

2.調査・計画案の作成

費用:50,000円+消費税(※2)(※3)
支払:申込時

調査・プレゼンテーションにお申し込み頂きますと、既存建物調査や役所調査を行い、計画案の作成に着手します。物件の詳細図面が存在しない場合は、まず建物の内外を実測し、設計の元となる現況図面を作成します。

3.ファーストプレゼンテーション

図面や模型、CGなどを使いながら、計画案を分かりやすくご説明します。計画案の予算計画や工期の目安もご提示します。

4.計画のフォロー

費用:実働時間に応じて精算
支払:月末締

設計契約に至るまでに更なる検討が必要な場合は、内容に応じて対応します。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

5.設計監理契約

費用:設計監理料の20%
支払:契約時

計画の大まかな方針が定まり、設計を具体的に進める場合は、当事務所とお施主様との間で建築設計・監理等業務委託契約を締結します。また契約に先立ち、建築士法に基づく重要事項説明を行います。

6.基本設計

費用:設計監理料の20%
支払:基本設計完了時

ファーストプレゼンの結果をもとに、納得できるプランとなるまで何度も案の練り直しを行い、設計の基本的な内容を決定します。必要に応じて構造設計事務所・設備設計事務所・管轄官庁・建材メーカー等と打ち合わせを行います。

7.既存解体・詳細調査

計画物件が空き家の場合は先行して解体工事を行うことで、仕上げ材で見えなかった屋根裏や基礎を調査することが出来ます。工務店や構造設計者と補強方法を検討することで、着工後の予期せぬ追加工事をリスクを低減します。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

8.実施設計

費用:設計監理料の20%(※4)
支払:実施設計完了時

詳細図面を作成し、素材や設備の仕様を決定します。構造・設備の詳細設計を行い、仕様書・意匠図・構造図・設備図がそろって「設計図書」の完成です。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

9.見積・合理化案検討

費用:無料(※5)

実施設計図面をもとに、建設会社に見積を依頼します。見積内容を精査し、設計内容の合理化・見直しを行います。 (※6)

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

10.施工会社の決定・工事請負契約

費用:設計監理料の20%
支払:契約時にご請求します

工事内容と工期が決定すると、施工会社とお施主様の間で工事請負契約を締結します。当事務所も監理者として立ち会います。

大阪・奈良県・建築家・設計事務所・デザイン・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・改修・古民家・町家・町屋・京都・兵庫・神戸・西宮・芦屋・生駒・定期報告

11.着工・監理

工事がはじまると建設会社から提出される施工図を当事務所がチェックし、現場が設計図書通りに施工されているか監理します。お施主様とも最終的なデザインや仕様の確認を行っていきます。

12.竣工・引き渡し

費用:設計監理料の20%
支払:竣工時

完成検査を行い、建物を最終的にチェックします。また、物件の規模・内容に応じて管轄官庁の完了検査を行います。建設会社から各使用機器の取扱い説明と保証書や鍵の引渡しを行い、完成です。

13.アフターフォロー

竣工1年後に建設会社と共に点検にお伺いし、問題箇所があれば是正を指示します。それ以降は竣工3年後、5年後、10年後と定期的にご連絡して建物に不具合がないか、追加のご要望などがないかお伺いします。引き続き建築に関するお悩みはいつでもご相談ください。建物同様、長くお付き合いさせて頂ければ幸いです。

(※1)出張相談の場合は事務所からの往復交通費が必要です。
(※2)既存図面がない場合は現況図面作成費が必要です。(100㎡ 30,000円程度)
(※3)大規模建築・多世帯住宅や遠方地など、条件により追加費用が必要になる場合があります。
(※4)実施設計後に大幅な設計変更を行う場合は追加設計料が必要です。
(※5)見積に当たって信頼できる建設会社を一社ご紹介します。お施主様が手配された建設会社とあい見積を取ることも可能です。
(※6)4社以上の見積査定には別途事務経費が必要です。