大阪市中央区OI邸 | 店舗・教室・2世帯住宅が大きな階段でつながる

大阪市中央区OI邸|店舗・教室・2世帯住宅が大きな階段でつながる

1階:娘さんが営むベーグル屋さん、2階:お父さんが営む書道教室、3階:親世帯住居、4・5階:子世帯住居から成る複合建築です。プライバシー・セキュリティが気になる利用条件や周辺環境に対して大きな曲面壁で建物を包み、その内側に一本の大きならせん階段をつくって、採光・通風を確保しながら複雑な動線を整理しました。1~2階は2階教室へのアプローチとして、2~3階は中庭を巡るキャットウォークとして、3~4階は二世帯住宅をつなぐ大きなテラスとして、4~5階は住戸内の吹き抜け階段として。それぞれ性格の異なる階段が内部・外部を縫うようにつながることで、様々な場面が次々に展開しながら一つの大きな雰囲気が生まれることを期待しています。

大阪市中央区OI邸|店舗・教室・2世帯住宅が大きな階段でつながる

東立面。道路向かいの建物が迫っているため大きな開口は取らず、曲面壁の内側を光井戸として利用する。

大阪市中央区OI邸|店舗・教室・2世帯住宅が大きな階段でつながる

断面。避難階段を生活の中に組み込むことで、適度な距離をとりつつ建物に纏わる人々が1つの動線上に繋がる。

1階。駐車場と娘さんのベーグル屋さん。中央区は厨房。駐車場からエレベーターへアクセス。

ベーグル屋さんの傍から階段を上がって2階へ。お父さんの書道教室。奥には大容量書架。

3階親世代住居。2階とは内部階段で行き来出来る。大きな外部階段の下は収納と寝室。

4階子世帯住居。大きな外階段で下階の親世帯住居と繋がっている。

子世帯LDK吹き抜けから5階へ。寝室とルーフバルコニー。

大阪市中央区OI邸|店舗・教室・2世帯住宅が大きな階段でつながる

俯瞰の合成。建物の外皮に沿って階段が螺旋を描いている。