奈良県橿原市M邸 | 大正時代のニコイチ長屋の改修

大正時代に建てられた大きな長屋。中央の土壁で仕切られ、2世帯が住めるようになっています。その片側を若いご家族向けのための住まいに改修します。30年間、空き家のまま放置されたため状態が悪く、将来もう一方の住戸が解体された場合でも成り立つような耐震補強を行いながら古い柱梁や建具を生かし、南北の庭に開いたLDKと書庫を中心にプランニングしています。

LDKと階段。

ダイニングキッチン。バックセット廻りは使い勝手の良い回遊プランニング。

建物北側に広がる大きな庭は縁側や畑に。

お庭はLDK・水廻りと一体的に利用。水廻りは既存の状態が非常に悪いため、いったん全て解体して建て直し。

1階平面。

2階平面。屋根の頂部はロフトとして活用。