塀をつくりました

Posted カテゴリー: '16-18佐保路の家

先日完成した奈良市の町家リノベーション。庭と道路の境に板塀をつくることになりました。ある程度デザインは決まったのですが、お施主様よりどのぐらいの透け感/高さ感になるのか知りたいとのご要望を頂き、CGで検討しました。

 

透けそうで透けないぐらいが良い、とのことなのですが、なかなかCGで表現するのは難しいものです。塀の設計はオマケ的に行うことが多いのですが、デザインに加えてセキュリティにも関わる部分なので、実は結構重要です。

 

そして完成後の様子。一つの骨組みに対して内外から交互に板材を貼ると、裏表どちらから見ても同じ見た目になります。両側から隙間なく板を貼り付ける場合に比べて材料1/2、その分ローコストです。骨組み部分の隙間から風も通ります。

 

どうでしょう、なかなかの再現度ではないかと。お施主様からもお褒め頂きました♩

 

 

写真撮影

Posted カテゴリー: '16-18佐保路の家

奈良の町屋リノベーション。竣工写真撮影を行いました。ここのところ雨続きで日程調整に苦戦していましたが、天気予報が直前に好転したのを見てGO! 、通り雨に遭ってヒヤヒヤしながら何とか薄曇りのベストコンディションで撮影できました。秋空らしいウロコ雲をバックに天高く馬肥ゆる写真になったようです。出来上がりが楽しみです。

 

設計検査

Posted カテゴリー: '16-18佐保路の家

奈良市の町屋リノベーション。一通り内部工事が完了し、設計検査を行いました。大きなワンルームに変更した2階のようす。

 

今回キッチンはシステムキッチンと造作カウンターを組み合わせています。バックセットも充実していて使い勝手良好。

 

木製建具の網戸。すっきり見せるために外枠だけで製作したのですが、ネットの張力でわずかに竪枠が歪んでしまいました。ちょっとした隙間からも虫が入ってしまうので、中桟を追加することになりました。

 

夏の現場

Posted カテゴリー: '16-18佐保路の家

灼熱の町家リノベ現場。完成に向けて着々と工事が進んでいます。

 


玄関収納の取り付け完了。大きな収納棚が奥にあるので玄関先はスリムに製作しました。天板は飾り棚としても使えそう。

 

バックヤードのアーチ壁面。意外とアーチを設計するのは事務所史上初です。(愛でる家のアーチは元々あったものなので・・・)。アーチは茶室の給仕口にも使われる意匠なので、町屋にも難なくフィットします。

 

LDK周りの開口部は現場製作の木製建具。以前から使ってみたかった引き寄せハンドルをようやく採用できました。引き違い戸の召し合わせ部分を締め付けて留めるので、非常に密閉性が高い優れものです。

 

 

内部工事中

Posted カテゴリー: '16-18佐保路の家

奈良市H邸。内部の工事が進んでいます。間仕切り壁が立ち上がって、出来上がりの雰囲気が掴めるようになってきました。

 

新たに作る部分は水平・垂直ですが、既存の柱梁には傾きがあるので取り合いが非常に厄介です。細い材を継ぎ足しながら部分ごとに調整していきます。階段は諸々の事情により鉄骨造です。

 

2階は2つの元和室をワンルームとして使います。天井が高い大空間です。