ベニヤ板の選定

Posted カテゴリー: '18-大阪市都島区I邸

大阪府門真市。I邸の壁仕上げに使用するラワンベニヤの選定を行うために、建材屋さんの倉庫に来ました。ラワンベニヤはもともと仕上げ材として作られた材料ではないので、ロットによって節があったり、色味が異なったりします。できるだけ状態が良いものを採用するためには、倉庫で実物をチェックして、建材屋さんにどういった材を集めて欲しいか伝える必要があります。

 

搬入予定の材料。抜粋して確認しました。色味も木目も思っていた以上に綺麗で、仕上がりが楽しみです。

第3期終了。

Posted カテゴリー: 大学

神戸松蔭女子学院大学で担当している実習課題が終わりました。早いもので今年で3年めとなり、ようやく限られた時間・場所の中で出来ること/出来ないことの整理が出来て、スムーズに課題を指導できるようになってきたように思います。今年も昨年に引き続き、神戸市内の実際に存在するホテルのスイートルームを下敷きに、各自が設定した「〇〇のような部屋」というテーマに基づいて内装を設計してもらいました。同じ平面図を基にしているのに全然違う方向性の作品へと成長していく姿が非常に楽しく、また我々実務が染みついている人間には到底思いつかないようなアイデアに唸らされることも多々あります。

今年も昨年に引き続き、オープンキャンパス等で展示して頂けることになりました。また次年度に向けて、更なるバージョンアップを図りたいと思います。

シルバーの屋根

Posted カテゴリー: '18-大阪市都島区I邸

軒先の納まりも決まり、屋根にガルバリウム鋼板を施工しています。グレーやブラックを用いることが多いのですが、今回はお施主様の「工場っぽい建物」というイメージから、シルバーで仕上げることになりました。

 

打合せを何度も行った軒先。職人さんがとてもきれいに納めてくれました!

 

ビニルシートも外れたので、室内が明るくなりました。

 

建物の長手方向は、柱・梁の間隔を揃えたので美しい骨組みです。間仕切りはつくりますが、梁より上は透かして解放感が出るように設計しています。

 

上手工作所さんの新店舗

Posted カテゴリー: 5.Diary

いつもお世話になっている家具・金物屋さん、上手工作所の新しい店舗&工房に伺いました。前はいかにも東大阪の金物屋さんという風情だったのですが、今度の拠点は大阪府豊能町。緑豊かで隣には川が流れているという好立地です。しかも大阪市内からのアクセスも結構便利。

 

内・外ともかなりの割合がセルフ工事ということで、苦労話も色々お伺い出来ました(ビル一棟は普通DIYで出来る規模ではありません)。

 

広い店内に様々なパーツが充実。棚受けや手摺など、実際に手に取って比べられると非常にありがたいです。

 

まさかのセルフ製作階段!

 

2階は打合せスペースと家具関係。キッズスペースも充実していました。

 

ついでにお隣の工房も少し見学させて頂きました。スペースが広いと、ものづくりの幅が広がりますね。今後ともよろしくお願いします。

 

⇒上手工作所さんのウェブサイトはこちら。