古家の構造調査

投稿日: カテゴリー: '20-奈良県橿原市M邸

奈良県橿原市の古家改修。畳を上げたり、天井に穴を開けたりしながら、室内から見えない床下・天井裏の構造の調査を行いました。

平屋部分の天井裏。恒例のホコリ吹雪。頭や服が真っ白です。土壁は天井面で止まっていることも多いのですが、こちらのお宅では天井裏から梁までみっちり塗り上げられていました(土壁は梁まで塗り上げないと耐震性が発揮できません)。丁寧な仕事の跡を見ると、他の部分についても安心感が出てきますね。

大屋根。寄棟造のため縦・横・斜め方向に丸太梁を架け、その上に束を立て、屋根を支えています。製材でも複雑なところを、グニャグニャの丸太梁で難なく組んでしまうところが流石、戦前の業です。是非オープンにして活かしたいと思います。

ファーストプレゼン案x3

投稿日: カテゴリー: '20-大阪市東成区S邸

今回は2面道路・変形地のため、色々な方向性が考えられます。そのため3案プランを作成して、お施主様に見て頂くことになりました。A案は、ヒヤリングした内容から素直につくったプラン。北・西に諸室をまとめ、空いた変形スペースを吹抜ダイニングキッチンとする案です。外部は南・西に2つの庭があります。南庭はスリット状の植栽ゾーンとしてアプローチや室内から楽しむ。西庭は高めの塀で囲ってバスコートや物干しとして活用。

東側から。カッコ良い窓と塀をつくりたいなぁ。(でも高くつきそうだなぁ。。)

西側から。道路セットバックの影響で敷地と道路の間に余白が出来るので、この向きなら駐車もしやすい。

庇のある三角屋根の家型ではなくビルのような箱型のほうがお施主様のイメージに近いので、屋根の掛け方を少々工夫してフラットルーフに見えるように。

B案は一番コンパクトな案です。道路際は寡黙な表情として塀は設けずローコスト化。

外壁はモルタルなど左官仕上のイメージ。大きな壁面は重量感があって良いですが、クラック対策に気を使います。

建物をくの字に曲げて、少し囲われた雰囲気の庭をつくり、大きめのシンボルツリーをLDKや諸室で取り囲む。北側の庭は何となくマイナスイメージがありますが、直射日光を気にせず大開口を取れ、植栽には南側から太陽光が当たるので室内から綺麗に見えるメリットがあります。

B案俯瞰。室内へはトップライトから採光。

C案は1階四周をガラスとしたオープン案。敷地周辺の家々は路地まで生活がはみ出していて、プライベートとパブリックが混然一体となっています。そういう住み方を踏襲して、道路に見立てた回遊性のあるLDK・水廻りをつくり、まちが家に入り込んでくる・まちに家が浸み出していくような生活は素敵ではないかと考えました。

C案東から。ある程度背の高い植栽で柔らかく目隠し。緑が少ない場所なので、敷地角が公園のような感じになれば良いな。

隣地境界沿いにつくったウォークスルーな水廻りが非常に気持ちよさそう。南西角はインナーテラス。

斜線制限で削られる2階部分はコンパクトにまとめて、1階の屋上をオープンエアで楽しむ。

全然違う方向性の案を考えたことで、意外な敷地の可能性を探ることが出来ました。それと同時に、ヒヤリングではなかなか見えてこないお施主様の考え方・感じ方を探ることも出来たように思います。ただ、実際に建てられる建物は1つ。非常に悩ましいですね。皆さまA~C案、どれがお好みでしょうか。

オープンデスク2021春

投稿日: カテゴリー: オープンデスク

3月から4月にかけて、オープンデスクの大学生が1名事務所に来ていました。設計事務所の色々な業務と日常に触れながら、課題に取り組んで頂きました。奈良県御所市の新築現場はちょうど佳境にさしかかり、見学にはもってこいの状態です。

奈良県橿原市の古民家改修。模型写真撮影のお手伝い。こちらはその後、実際のお施主様プレゼンにも同席。

古ビル実測調査の見学とお手伝い。

今回の課題はプレゼン前の新築住宅のプランニングでした。考えた図面や文章をプレゼンシートにまとめて、最終日はスタッフにプレゼン。緊張したそうです(そりゃそうだ)。なかなか学生の間に現実的な条件の住宅を考える機会はないので、苦戦したようですが何とか形になりました。その「思うようにいかない感」を大切に、さらに頑張ってほしいと思います。

山本嘉寛建築設計事務所では、建築設計職に就職を希望する大学生・大学院生・既卒者を対象としたオープンデスク・インターンを受け入れています。詳しくは下記をご覧ください。

https://yyaa.jp/contact/open-desk-internship/

木工事が進みます

投稿日: カテゴリー: '19-奈良市T邸

間仕切り壁の下地工事が進んで、間取りの雰囲気がだいぶ掴めるようになってきました。居間の吹き抜けを巡るキャットウォークが出来たことで、今まで見上げるだけだった場所に到達できるようになりました。感動。

キッチン上のトップライトもうまく取付け出来ました。庇の深い部屋の中へ良い感じに光が射しています。

使いながらビル改修

投稿日: カテゴリー: '21-大阪市天王寺区Pビル

事務所近くのビルオーナーさんから、築50年ほどのビルの共用部リノベーションのお問合せを頂き、現地調査を行いました。長い年月の間に色々な改修が行われたビルは謎が多く、慎重に計画を進める必要がありそうです。

今回は耐震改修のタイミングで共用部の改修も行って、建物を刷新してしまおうという計画です。ただ、ビルの入居者さん達が満載の状態で共用部をリノベーションすることは至難の業。駅舎の改修のように、工事の進捗に合わせて工区を動かしながら、入居者・来客の動きを阻害しないように計画しなければなりません。隣地との隙間もほとんどなく、難工事が予想されます。

以前弊所で設計を担当したビル改修、おうとくケアセンター、Kururi、岡山ビルは、全て入居者さんがゼロになった状態で設計・施工を行っています。おかげで設備配管を100%入れ替えたり、間取りの思い切った変更も出来たのですが、今から覚えば幸せな条件で計画させて頂けたのだなあとつくづく思います。

バスルーム工事

投稿日: カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

YYAAでは珍しく、浴室・トイレ・洗面一体型の在来浴室(ユニットバスではない一品物の浴室)です。タイル貼りに先駆けてFRP防水を行っています。グレーのポツポツはラス(金網)を引っ掛ける金具。トンボと呼ぶそうです。

光は傾斜天井に取り付けたトップライトから採っています。今回はベルックス社製(デンマーク)のトップライト。天井面にスリットが入っている箇所はガラスを嵌めこむ予定です。すでに良い感じに光が溢れる空間になっているので、出来上がりが大変楽しみです。

ファーストプレゼン案

投稿日: カテゴリー: '20-奈良県橿原市M邸

奈良県橿原市の古民家リノベーション。第一案が出来、お施主様にプレゼンテーションを行いました。

ダイニングキッチン。バックセット廻りは回遊性のあるプランニング。

LDKと階段。

建物北側に広がる大きな庭は縁側や畑に。

お庭はLDK・水廻りと一体的に使えれば良いなと思っています。

1階平面。

2階平面。

今回は建物が古いまま残っており比較的骨組みは推測しやすい状態ですが、それでも設計を詰めるためには床下・屋根裏の調査が欠かせません。30年間放置されたまま中に家具や書籍がたくさん残っているので、まずは大掃除から着手することになりました。大変です!!

タイル選び

投稿日: カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

浴室と玄関に使うタイルを検討するために、お施主様と一緒に名古屋モザイクさんのショールームに行きました。コロナの影響で完全予約制にはなっていますが、こうやってショールームで現物を確認できるありがたさを感じます。大きな貼り見本を見ると、カットサンプルでは分からない全体の雰囲気がよくつかめます。いくつかの色を組み合わせて使う予定なので、実際にタイルを組み合わせてみて色のバランスを確認しています。

応急危険度判定士の更新

投稿日: カテゴリー: 5.Diary

被災建築物応急危険度判定士の更新があり、新しい資格証が届きました。地震等の災害時に現地に乗り込んで、被害を受けた建物の安全性をを簡易的に判定する資格です(保険用の全壊判定とは異なります)。建築士なら誰でも持てる資格なので、10年前、軽い気持ちで登録したものです。

講習会の際に、実際運用されるケースは稀だろうなあとぼんやり思ったものですが、そのあとすぐに東日本大震災が起こって現実に招集がかかり、これは大変責任が重い資格だぞと思い知らされることになりました。その後、熊本の大地震でも派遣要請がありましたが、普段の業務を止めて余震の続く現地に向かう事はなかなか出来ません。実際に判定にあたられた方々の覚悟と使命感には頭が下がります。

東日本大震災から10年、まだ余震もありますし、つい先日は関西でも大きな地震がありました。遠方の被災地まで赴くことは難しいですが、自分たちの街が被災した時を想像すると、やはり自分の職能の中で役に立てることがあるならお手伝いするだろうなと思います。普段、古家と格闘している事も、非常時には何かの役に立つかもしれませんね。

「Gallery」機能のご案内。

投稿日: カテゴリー: 1.Topics5.Diary

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、昨年末あたりからホームページで試験運用している「ギャラリー」が、ようやくそれなりに動くようになりました。トップメニューの「Gallery」の中にある、「建物用途・工事種別」「部屋」「屋根・天井素材」「壁素材」「床素材」のそれぞれについて、当事務所の今までのアーカイブ画像から検索してランダムに表示されます。それぞれの画像の末尾のリンクから、各プロジェクトへもリンクしています。

まだ全ての事例は網羅できていませんが、随時更新中です。家づくりをお考えの皆様にご利用頂ければ幸いです。

古家の実測調査

投稿日: カテゴリー: '20-奈良県橿原市M邸

古家の購入手続きがまとまったとお施主様よりご連絡を頂き、実測調査に伺いました。

古家のリノベーションでは詳しい図面がない場合がほとんどなので、まずは建物全体を測って、現況図を起こすところからスタートです。南北両側にお庭があるので、それらを生かしてよいプランができないものか、と考えつつ実測しました。

第4期終了

投稿日: カテゴリー: 大学

神戸松蔭女子学院大学の今年度授業が無事に終わりました。今年はコロナの影響で多くの授業がリモート化される中、やまもとの担当は「実習」ということで、例年通り対面形式で全て行うことが出来ました。様々なソフト・ハードのシステム構築に奔走して頂いた先生・事務の方々には頭が下がる思いです。

今年は例年に比べると受講生が少なかったのですが、皆大変熱心に課題に取り組んでくれました。年末年始に休みが続いて、課題の進捗にやきもきした時期もありましたが、無事に全員形として提出することが出来、ほっと一安心。なかなかの力作揃いとなりました。

来年度も引き続きインテリア・コーディネートの授業を担当します。まだ先行き不安な状況ですが、どんな形でも対応できるよう、準備を進めたいと思います。

中間検査・内部工事

投稿日: カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

外壁の構造用合板貼りと耐震金物の工事が終わり、検査機関の中間検査を受けました。特に問題なく一安心。

内部の間仕切りや建具の納まりについて現地で工務店さんと細かな打合せを行っています。

トップライトも取付け完了。2階の浴室の窓はトップライトのみです。なかなか良い雰囲気になりそうです。

ピンク色の柱は、最終的にそのまま室内に露出する部分です(化粧柱と言います)。傷などがつかないように保護しています。左手のほうに見える配管は2階の浴室の給排水です。今回は2階にも水廻りがあるので、配管ルートの策定に苦戦しましたが、何とかうまくいきそうです。

よく「2階に水廻りをつくると割高ですか?」とご質問を頂くのですが、一概には何とも言えません。配管ルートは確かに長くなりますが、その費用は大きなものではないので、間取りや敷地など、設計条件を総合的に判断して水廻りが2階のほうがメリットが大きければそちらを選択している、というのが実際のところです。給水は遠い位置でも問題ありませんが、給湯は給湯器と水栓の距離ができるだけ近くなるように設計する必要があります。排水に関しては水圧で流すのではなく、自然の重力で上から下に流すだけなので、横引き配管する場合にはゆるやかな勾配をつける必要があります。給水・給湯配管に比べてサイズも大きいので、一番気を使う部分です。

角地の敷地調査

投稿日: カテゴリー: '20-大阪市東成区S邸

大阪市東成区。土地探しの段階からご相談頂いていたお施主様より、計画地が決定したとご連絡を頂き敷地調査を行いました。ちょっと尖った角地なので、どういう建物がベストか、色々検討の余地がありそうです。

レトロ感溢れる今里新道商店街。東西にめちゃめちゃ長い商店街です。かなりの部分が既にシャッター街化していて残念。何とかならないかなあ。

その後、近くにある「彩ちゃんの家」の様子を伺いました。焼杉は退色しつつありますが、クラックのない左官壁はさすが。(念入りな下地の賜物です)

グランネクストシンプル

投稿日: カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

手早く屋根葺き工事が完了しました。今回の屋根材はケイミューのカラーベストのスッキリ版、グランネクストシンプルです。端部にコーナー材が入らないディテールなので非常にシャープな屋根が実現出来ます。

軒先のUP。近くで見ても余計な部分が全く見えない、素晴らしい出来です。

今回は軒裏に板を貼らないので、垂木がそのまま見えてきます。工務店さん・プレカット屋さんに頑張って頂き、大変綺麗に出来上がりました。

「工具箱の家」をUPしました。

投稿日: カテゴリー: '18-20工具箱の家1.Topics
工具箱の家|細長くてコンパクトで使い勝手の良い平屋の住宅

かなり時間がかかってしまいましたが、ようやくホームページのProjectsに「工具箱の家」をUPしました。ご夫婦とそのお母さまのための平屋建ての住まいです。職住一体ですがバイク屋さんではありません(念のため)。一般的なファミリー向け住宅ではないため、お施主様の生活イメージがなかなか掴めず、平屋でつくったり、ロフトをつくったり、二階建てになったり、かなりプランニングに苦戦しました。最後は平屋で落ち着いたものの、今度は特有のコスト高(総2階建ての2倍基礎が広い)に悩まされ、地盤改良も必要になってしまい、コスト調整に難渋しました。しかしこうやって出来上がってみると、最初にお施主様からお伺いしていたイメージと、私がぼんやり描いていたイメージがちょうど良い具合に結実したような気がします。カスタマイズしやすい家なので、どんどん住みこなしていって頂けると嬉しいですね。

竣工写真の撮影は笹倉洋平くんです。快晴の下、トップライトから燦燦と光が降り注いで快調に撮影していたのですが、途中で高層マンションの影にすっぽり入ってしまい、室内暗転・・・しかしちゃんと美しい出来に仕上がっているところはさすがです。いつもながらありがとうございます。

是非ご覧ください。

 

https://yyaa.jp/works/toolbox-house/