モルタル土間(UC),

銭屋本舗オフィス | カフェのような居心地の事務所

一般的なオフィス設計では机や本棚など什器の設計やレイアウトに主眼が置かれ、建築の要素はビニールやプラスチックの均質な仕上材の奥に隠蔽されます。しかし一日のうち一番長い時間を過ごすオフィス空間は本来もっと光や風、空間や素材を楽しむことができる、人にやさしい場所であるべきです。ここでは古いコンクリート躯体をほぼそのまま生かした天井の高い空間、無垢フローリングや土間コンクリートといった素材感のある材料、南北面の大きな開口を生かした通風や採光といった建築の要素を最大限に生かし、住宅やカフェと同じようなリラックスした感覚で過ごすことができるオフィスを目指しました。

モルタル土間(UC),

オフィスエントランス。既存のアルミ扉を重厚感のある鉄扉に交換。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

事務所の隅で眠っていた古い家具を壁面収納として再利用。

モルタル土間(UC),

柱・梁・天井はコンクリートのテクスチャを残して塗装仕上げ。

モルタル土間(UC),

配線ダクトによりフレキシブルに器具を移動できる照明計画。

モルタル土間(UC),

11Mのロングスパンを飛ばすダイナミックな架構をそのまま露出。

ナラ(OF),

南面の大きな開口。調べ物や簡単な打合せに利用できる共用デスク。窓の外にはプランター。

ナラ(OF),

フローリングと窓枠、カウンター天板はナラ無垢材にホワイト着色拭取り。

ナラ(OF),

木枠にチェッカーガラスを嵌めて、採光を取りつつ緩やかに視線や音はカット。

ナラ(OF),

大きな本棚で空間を仕切っていた元のオフィスからヒントを得た「かべかぐ」。家具と建築のあいだ。

ナラ(OF),

「かべかぐ」をくぐった先の小部屋。

ナラ(OF),

会議室から執務室を見返し。

ナラ(OF),

劣化したスチールサッシはカバー工法によりアルミサッシに交換。性能面は現代的な仕様に更新。

モルタル土間(UC),

手前の打合せゾーンはモルタル仕上げ。奥の執務ゾーンはフローリング。

概要 計画/2013-2014 所在地/大阪市天王寺区 用途/事務所 構造規模/鉄筋コンクリート造4Fのうち2F部分 坪単価対象面積/41坪[137m2]

協働 設計監理/[アートアンドクラフト]+山本嘉寛[YYAA] 撮影/笹倉洋平[笹の倉舎]

掲載 【出版】リノベーション・ケーススタディブック2[トーソー出版]/2016 デザイナーズFILE2017[カラーズ]/2017

内部仕様 【打合せ室】天井/既存RC下地調整AEP 壁/既存RC下地調整AEP 床/モルタル金コテ押エ 【執務室・会議室・コピー室】天井/既存RC下地調整AEP 壁/既存RC下地調整AEP・織物クロス貼[東リ] 床/ナラフローリングOF[Nissin-EX]・Pタイル[TAJIMA]【キッチン】家具製作【内部建具】扉/シナ合板フラッシュOF・シナ合板フラッシュAEP

設備仕様 【給排水】給水/共用 給湯/電気温水器 排水/共用 【換気空調】換気/第3種換気方式 空調/天吊AC・壁掛AC [電気]照明器具/[DAIKO]