沖縄の建築めぐり:名護市役所

Posted カテゴリー: 沖縄

美ら海水族館に向かう道すがら。名護市役所は教科書や建築士試験にも出てくる名建築。沖縄の風土と調和したデザイン・・・と言われてもピンと来ませんでしたが、街並みや日差しや緑を感じながら訪れるとなるほど納得。1981年竣工ですがバリバリ現役です。当時は当然手書き図面ですし、意匠に関わる部分は機能上の必須条件ではありませんから、これだけの密度で設計・施工したパワーは、それはそれは凄まじかったのであろうと思います。

 

アサギテラスと呼ばれるオープンスペースがサービス部分と平面的・立体的に組み合わさっています。アサギ(神アサギ、神アシャギ)とは沖縄本島北部で集落の祭りを行う建物。「アサギ広場にこそ沖縄のコミュニティが凝縮されている。市庁舎は、まちにそびえる白亜の殿堂ではなく「むらからまちへと連続する地域環境の文脈」のなかで捉えたい。市庁舎は新しいアサギ広場が必要である。(名護市庁舎概要)」

 

ブーゲンビレア無双。

 

溢れる光の下で、凹凸のある外観や空隙の多い屋根が深い陰影を生み出しています。

 

雁行プランを突っ切る雨水側溝。

 

巨大スロープは、議場へのアプローチ。

 

スロープ踊り場より。息子、走る走る。

 

メイン入口。外部空間は強烈ですが、案外、受付や執務スペースはありがちな地方の市役所の雰囲気で、ちょっと残念。トイレなど、かなり老朽化しているようなので、躯体とコンセプトを活かして是非リノベーションして欲しいものです。

 

 

沖縄の建築めぐり:SPICE MOTEL OKINAWA

Posted カテゴリー: 沖縄

spicemotelokinawa

少し前になりますが、関西が梅雨真っ最中の頃に遅めのGW休みを頂き、沖縄へ家族旅行に行ってきました。小さい子供連れなので建築巡りは殆どありませんが、沖縄を訪れるのは初めてなのでピンポイントに幾つか旅程に忍ばせました。一泊目の宿泊先は「SPICE MOTEL OKINAWA」。いつもお世話になっているアートアンドクラフトさんが手がけたデザインモーテルです。

 

spicemotelokinawa

フロントには巨大な電飾。リノベーション前のモーテルからの再利用品かな。

 

spicemotelokinawa

宿泊棟の階段。ペンキ塗りの壁・天井とPタイル剥がしっぱなし床の定番スタイルですが、ガラスブロックから入る光で何やら神々しい空間に。

 

spicemotelokinawa

2階廊下。内部・外部が曖昧な雰囲気で、植栽がワサワサ。窓の外は大きな共用テラス。

 

spicemotelokinawa

テラスの様子。ちなみに植栽設計は弊所でもいつもお世話になっているsojiの松下さん。適材適所な植栽がシンプルな建物に彩りと柔らかさを添えていました。

 

spicemotelokinawa

1階にあるラウンジ。ミッドセンチュリー感が溢れています。奥にはランドリー。

 

spicemotelokinawa

ラウンジに工事前のセピアな写真がありました。フロントの電飾も発見。

spicemotelokinawa

左の方に海が見えます。向かいの山頂は米軍施設。少し南には普天間基地もあります。単なるリゾートではない、リアルな沖縄を感じられるホテルでした。撮影し忘れましたが、部屋もシンプルかつ気持ちよくて、非常に快適でした。ありがとうございました。

 

 

夏季休業のお知らせ

Posted カテゴリー: 5.Diary

残暑見舞い申し上げます。山本嘉寛建築設計事務所では誠に勝手ながら下記の期間、夏期休業とさせて頂きます。

2019年8月11日(日) ~ 8月18日(日)

暑い日が続きますがどうぞ皆さまお体をご自愛下さい。

Posted カテゴリー: '17-奈良県王寺町T邸

奈良市王寺町の住宅。お施主様より「敷地がすごいことになっている」と聞いて、見に行ってみると・・・雑草の楽園でした。

 

設計は出来上がったのですが、見積調整が難航している間にずいぶん長い時間が経ってしまいました。建設資材・人件費の高騰に加え、斜面地の基礎・大きな吹き抜けなど、今回は悪い条件が重なっています。しかし何度もお施主様・建設会社さんと縮小案を考える中で、無駄が省かれて洗練された設計になってきたように思います。着工に向けてもうひと頑張りです。

 

古い書院障子を探しに。

Posted カテゴリー: '19-昭和小路の長屋 II

昭和小路の長屋第二期工事。前回に引き続き、家の中に残っていた木製建具を切ったり足したり削ったりしながら再利用します。ただ、プラン上どうしても既存品では足りない部分があり、京都市内の古建具屋さんで見繕うことになりました。まる・たけ・えびす・・・の夷川通りは家具屋通りとして有名です。

 

今回お世話になった「万新建具店」さん。いかにも老舗な佇まい。

 

お目当ての書院障子。スタンダードなサイズなので、すぐ見つかりました。状態もよく、お値段も思ったよりリーズナブル。障子紙の貼り替えもお願い出来て、大変助かりました。

 

現場にサイズを伝達するために各部を計測して頂きました。ちなみにこのメジャー、上はミリ単位、下は尺貫法。カッコイイ。