兵庫

兵庫の建築めぐり:兵庫県立美術館


ここは、一言で言うと、『くたくた』。常設展・企画展両方見ると非常に疲れます。それは建物が大きいことだけではなく、質量ともにクオリティの高い作品が多いということでしょう。

 


絵になるエントランスの螺旋階段。

 


同見上げ。

 


登っても何もない階段がチラホラあります。ついつい勿体無いと思ってしまう貧乏性。

バックヤード廻りまで割ときっちり作られています。鉄扉の塗分けは、所員の茶目っ気かな。