'18-大阪市都島区I邸

鈑金打合せ

大阪市都島区の住宅。今回は屋根・外壁とも、ガルバリウム鋼板竪ハゼ葺きとする予定です。既製品ではなく、現場でガルバリウム板を曲げて製作するため、色々と工夫が必要です。工務店・鈑金屋さんと実際のサンプルを見ながら検討会議を行いました。

 

 

できるだけ薄く・細く、という意匠上の希望と、技術的に職人が加工できるのかどうか、雨漏りの恐れがないかどうか、という施工上の希望の接点を探します。色々悩みましたが、良いディテールにたどり着きました。あとは実地でイメージどおり収まるかどうか。屋根・外壁の難しいコーナー処理が多い現場なので、施工に向けてさらに細部を詰めていきます。

 

ちなみに「板金」と「鈑金」。最近はもう「鈑」の字はほとんど見かけなくなってきましたが、こういう手作業の金属板加工は、なんとなく昔ながらの「鈑金」がしっくりくる気がして、好んで使っています。