'17-奈良県王寺町T邸

木造の地下室

奈良県王寺町T様邸。こちらも基礎工事が進んでいます。構造設計者さんと配筋検査を行いました。斜面地のため、基礎のコンクリートは計4回に分けて打設します。なかなかの難工事です。

 

道路面から約3mの段差。2階建てですが、建築基準法の扱いとしては地上1階地下1階です。地下のコンクリート部分は基礎として扱っているので、混構造ではなく木造です。法的には、地下室が木で出てきているという、不思議な建物になっています。