'21-昭和小路の長屋III

解体が始まりました。

解体が始まりました。今回はなんとか玄関前まで車両が入れるので作業がスムーズです。今まで見えなかった天井裏の梁の架構を調査しました。

二階。断熱補強した上で屋根形に天井を貼ります。床の不陸が最大9cmほどあるので、角材や合板で調整しながらフラットな床をつくっていきます。

今まで入れなかった屋根裏収納から古い建具が一式出てきました。昔、アルミサッシに交換した際にもったいないので取っておいたものだと思われます。町家はある程度、建具の幅・高さが統一されているので、建具屋さんにリペアしてもらえば再利用できます。掃除して保管し、また次回以降、活用することになりました。