'19-昭和小路の長屋 II

古い書院障子を探しに。

昭和小路の長屋第二期工事。前回に引き続き、家の中に残っていた木製建具を切ったり足したり削ったりしながら再利用します。ただ、プラン上どうしても既存品では足りない部分があり、京都市内の古建具屋さんで見繕うことになりました。まる・たけ・えびす・・・の夷川通りは家具屋通りとして有名です。

 

今回お世話になった「万新建具店」さん。いかにも老舗な佇まい。

 

お目当ての書院障子。スタンダードなサイズなので、すぐ見つかりました。状態もよく、お値段も思ったよりリーズナブル。障子紙の貼り替えもお願い出来て、大変助かりました。

 

現場にサイズを伝達するために各部を計測して頂きました。ちなみにこのメジャー、上はミリ単位、下は尺貫法。カッコイイ。