受賞:住まいのリフォームコンクール

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

弊所が設計監理しました「昭和小路の長屋」が公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催の「第36回住まいのリフォームコンクール」にて住宅部門・優秀賞を受賞しました。

住まいのリフォームコンクールは「おうとくケアセンター」で賞を頂いて以来、2回目の受賞です。おうとくケアセンターは当時まだ珍しかった古ビルの福祉コンバージョン事例ということで評価を頂いたのですが、今回は賃貸向け京町屋のリノベーションということで、やはり珍しい事例として評価して頂いたのではないかと思います(他の受賞作は皆さん戸建てか分譲マンションのリノベなので・・・・)。

 

レトロな風情が残る六原の昭和小路では、現在2期工事が進行中。少し広い区画で間取も異なるので、ファミリーを対象としたカラッと明るいイメージで設計しています。受賞を糧に、引き続きがんばって現場監理したいと思います。

京都R不動産に掲載されています。

※おかげさまで募集は締め切りました。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

先日完成した「昭和小路の長屋」では現在入居者を募集中です。募集の案内を京都R不動産さんのウェブサイトに掲載して頂きました。YYAAでは設立以来、大阪R不動産さんには何時も何時もお世話になっていますが、京都R不動産さんにお世話になるのはこれがはじめてです。代表の水口さんによると、いい感じの町家賃貸物件は意外と少ないそうです。改修に恐ろしく費用がかかる町家が多いので、事業物件として収支バランスを取るのは難しいのではないかと思います(今回は使えるものは再利用しつくすMottainai設計と京都市の補助金フル活用で何とか当初目標の範囲内で納まりました)。

京阪清水五条駅徒歩6分、六原学区。若いファミリーやちょっとしたショップを構えたい方、京町家に住んでみたい市外の方には俄然おすすめです。ぜひご検討のほど。

昭和小路の長屋:写真撮影を行いました。

京都六原、昭和小路の長屋。竣工写真撮影のために予定日と予備日を確保していたのですが、両日がちょうど今年一番の寒波と積雪・・・。日頃の行いを反省しつつ、予定を組み直して再アタックしました。天気は回復しましたが、寒さは相変わらず。

 

寒風吹きすさぶビルの屋上から俯瞰を撮影。甍の波は予想以上の迫力でした。街全体が瓦屋根だった時代を妄想するとゾクゾクしますね。

 

小さな空間ですが、建物の前後の坪庭を復活させたおかげで、奥行きと視線の抜けがある良い絵が撮れたように思います。出来上がりが楽しみです。

 

完成しました。

京都六原の長屋。年末の追い込みで無事に完成し、設計検査を行いました。

 

かなりの割合の建具を洗ったり、削ったり、配置換えしたり、ガラスを入れ替えたりして再利用しています。

 

すっかり明るくなったミセノマ。応接に使ってもよし、アトリエに使ってもよし、小さな店舗にしてもよし。入居者さんがどういった使い方をされるか楽しみです。

完成に向けて。

屋根瓦の葺き替え完了。難しいコーナー部分や隣家との取り合いも丁寧に納めて頂きました。

 

 

内部は左官工事中。現在下塗り・中塗りが終わった段階です。ややラフな仕上がりが味があって良いということで、この状態で完成とする場合もありますが、今回は工務店さんの心意気で(そんな恥ずかしい仕事でけへん)上塗りまでサービスして頂くことになりました。設計者が我を通すことも大事ですが、時には職方の流儀を尊重することで、この現場ならではのものが出来上がればそれがベストではないかと思っています。

建具は現在仮付け状態。至るところ不陸だらけの町屋では建具をスムーズに動くよう微調整する必要があり、実に大変です。

 

1階の床板はYYAA定番の杉足場板。幅広のフローリングはやはり迫力があります。見た目だけではなく断熱性にも優れていて、もちろんローコスト。床下地は今回工事で組み直しました。

 

 

極小1014サイズ(1m x 1.4m)のユニットバスもぴったり納まり一安心。年内の完成に向けて急ピッチで作業が進んでいきます。

 

 

 

坪庭が復活しました。

六原の長屋。鬱蒼としていた坪庭から樹木とゴミを一掃したので、よい感じに光が入るようになりました。塀の杉皮も貼りなおして、すっかり元の風情を取り戻しています。ちょっとしたスペースですが、あるとないとでは大違い。やっぱり京町家に坪庭は欠かせませんね。

 

 

建物を接ぐ

六原の長屋。外壁の修繕中。痛みが激しかった外壁を新しい杉板に張替えました。既存の柱や建具の間にすっきり収まっております。今はいかにも新品という感じですが、塗装すれば他の箇所と馴染んできます。

 

丸柱の足元が腐朽していたので、新しいものと交換。古民家のリノベでは古くなった柱の足元の処理が毎回の課題です。柱が受け持っている荷重が大きかったり、2階まで通った長い柱の場合は簡単に交換できないこともあります。

 

着々と工事が進む2階。三角屋根の形に天井を上げて気積を大きくしています。右側の土壁部分は通り庭の吹抜。今回工事で復活させました。

 

 

 

電気打合せ

六原の長屋現場。電気屋さんと配線ルートやスイッチ・コンセント位置の打合せ。古い日本家屋は土壁と柱梁で出来ているので、基本的に電気配線は全て露出となります。どういう風に見せるか・隠すか、細かい部分ですが手を抜けません。図面である程度指示していますが、現場の解体状況を見ながら一つずつ確認していきます。

 

天井に走っている配線と、それを梁に固定している陶器の碍子(ガイシ)。今では安全上の問題から使えません。昭和の町家ならではの雰囲気があるので、回路は遮断してそのまま残します。

 

いつも使っている新金属プレートでは大きく出っ張りすぎるので、今回は昔ながらの小型スイッチを敢えて使います。配線も鋼管では融通が効かないのでブラック色VVFケーブルをステープル留め。結局これが一番潔くて格好良いですね。

 

 

京町家とトントン葺き

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
いよいよ解体が始まりました。高度経済成長期以降に加えられたプリント合板や砂壁などを撤去して、元々の町屋の姿に戻していきます。今回は大部分の木製建具を再利用するので、慎重に作業を進めていきます。

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
2階も天井板を剥がして、屋根架構を露出します。

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
町屋の屋根は普通、骨組みに杉板を貼って、上から土を塗って瓦を載せるのですが、この長屋はなんと杉板ではなく杮(こけら)葺きでした。工務店さんによると、「昔はトントン葺きゆうて結構あったもんや」とのこと。細かい板の隙間から通気が取れて、しかも防水性も確保できるということで、大変優れものだそうです。杮葺に手間をかけて、その代わり重い土を減らして骨組みを細く。さすがは京都。雅な工夫に唸ってしまいました。

着工に向けて。


京都市東山区の長屋リノベ。京都市の補助金申請が無事に決済し、着工の運びとなりました。早速工務店さんと現地で打ち合わせ。


今回は壊す部分と残す部分が混在しているので、念入りに確認していきます。


なんと、トイレの壁が崩落(!)既にかなり痛みが激しい状態でしたが、先日の台風に耐えられなかったようです。ちょうど着工するタイミングで不幸中の幸い。今回工事で補修したいと思います。

伝統構法調査


京都六原の長屋リノベ。市役所に補助金を申請するにあたり、「伝統構法でつくられている証拠写真」が必要なため、畳をめくって床下を調べます。


石の上に柱が建っている写真。まさに伝統構法。ちなみに、ボールと植木鉢と瓦は、町屋の床下に転がっている三大ゴミということが最近分かって来ました。


屋根裏。竹小舞と土壁。まさに伝統構法。いつもながらすごい埃です。


屋根瓦。新築時から葺き替えていないのでかなり痛みが目立ちます。今回の工事で一新する予定です。

京都の長屋の改修補助金協議をすすめています。

奈良市の町屋改修の市役所協議がようやくひと山越えたのですが、次は京都市で町屋改修の補助金申請手続きです。京都は奈良と比べると物件の数が多いからか、手続きが洗練されているような印象を受けます。しかし市民の皆様の血税を頂く補助金、審査の厳しさに差はありません。こちらも資料作成と協議に手間暇がかかりそうです。

瓦屋根のリノベは非常に難解です。


京都六原の長屋リノベ。実施設計が出来上がったので工務店に見積を依頼しています。作業開始に先立って現地調査に来て頂きました。古い建物のリノベでは現在の状況を図面や写真で説明しきれないため、どうしても見積を行う前に現地調査が必要です。

特に今回は屋根の工事が曲者。瓦屋根は、部材の名称や葺き方、瓦の種類など、職人の間で昔から使われてきた専門用語がたくさんあり、曲がった部材が3次元的に組み合わさるため図面では指示しにくく非常に難解です。一軒家でも難しいのですが、長屋では小さな屋根が様々な形状で組み合わさっているため、どこがどうなっているのか、もはや外観からは全く分かりません。職人さんと連携しながら現場で納まりを検討していくことになりそうです。

調査に来られた瓦屋の親方から、下屋の瓦は少し小さめのサイズの瓦で葺くのが本来の京都のやり方だと伺いました。確かに通りを見渡すと、古い状態で残っている箇所は若干小ぶりな瓦が載っています。普通サイズで葺いた部分と比較すると、何となくヒューマンスケールというか、小気味好く感じられるのが不思議です。奥深い瓦の世界にどんどん引き込まれていきそうです。

プレゼンテーション


京都の長屋リノベーション計画。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。今回は建物をスケルトンに戻すのではなく、古くてまだ使えるものを極力残しつつイメージの刷新を図るため、イメージ写真などを使いながらのプレゼンです。


展開図。先日実測した内容をもとに現況図を起こし、残す箇所と替える箇所を細かく指定しています。手間がかかりますが、リノベーションではどうしてもこの作業は欠かせません。


CGでは町屋の雰囲気を伝えられないので、珍しく手書きパースでご説明。たまにはこういうのも良いですね。

長屋の調査


京都の長屋リノベ。プラン作成にあたって実測調査を行いました。しばらく空き家だったので、なかなか年季の入った水廻りです。吹抜があるので、元々は竈があったのでしょう。


玄関前にある小さな3帖の「ミセノマ」。若い作家さんやデザイナーのアトリエとしては最適です。


町屋調査のお楽しみ。畳の下には歴史が眠っています。昭和48年、(比較的)新しい新聞でした。もちろん京都新聞。

長屋のリノベ


京都市内から長屋リノベのご相談を頂き、さっそく下見に行ってきました。往来の多い道路から一本入っただけで、とても雰囲気のある長屋街が広がっていて驚きです。


坪庭。今は荒れていますが、これがあるとないでは大違い。少し手を入れてやれば復活できそうです。