未完成

奈良町で古家調査

奈良町の古家を購入して改修したいとのご相談を頂き、さっそく現地確認に伺いました。明治・大正の町家ではなく、戦後の住宅なので比較的綺麗です。

綺麗なのですが、それでも耐震性や断熱性は殆ど期待できません。現在の生活イメージに合わせた住宅にアップデイトするためには、やはり新築に近い費用がかかってしまいます。その上プランの制約を受け、地盤の信頼性もありません。戦前の建物なら、現代では手に入らない大きな柱・梁や、凝った建具など、費用をかけて残す価値もあるのですが、戦後建てられた100㎡前後の住宅ではなかなかメリットを見出しにくいのが現状です。そしてそういう住宅が世の中には一番多いのですから、空き家問題が深刻化するのも当然ではあります。今回も、解体・新築を中心に計画を見直すことになりました。