東京

東京の建築めぐり:ギャラリー・トム

松濤にある美術館です。小ぶりですが(場所が場所だけに)、個人的にここはとても好きな場所です。

撥水材を塗ってないのか、コンクリートが焼き物のようになっています。渋い。

目のみえない人も美術品を楽しめる、という美術館自体のコンセプトが刻まれています。展示品は全て触って楽しめるのです。

内部。手作り感があってとても居心地がいい空間です。屋根はV字型にスチールプレートを折って、大空間を飛ばしていますね。断熱は上下に入れているのかな。

誰だって展示品を触れると嬉しいですよね。

建築を見に来た、といったら、わざわざ屋上の鍵を開けて下さったり、美術館の方々がとっても親切で感激でした。