“四つ角の家”をupしました。

投稿日: カテゴリー: '15-18四つ角の家お知らせ
四つ角の家|新築一戸建て住宅の施工事例|山本嘉寛建築設計事務所YYAA【大阪上本町・奈良】建築家・作品集

「projects」に新しい新築住宅の事例を追加しました。準備に時間がかかってすっかり夏になってしまいましたが、桜の満開の頃に撮って頂いた写真です。いろいろな窓から光が入る室内の雰囲気が良く出ています。ドローンによる空撮もあります。是非ご覧くださいませ。

https://yyaa.jp/works/cross-road-house/

“愛でる家”をUPしました。

投稿日: カテゴリー: '16-18愛でる家お知らせ

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

Worksに奈良市K邸リノベーションの模様をUPしました。美術品、骨董、庭そして何より家自体を「愛でる家」です。最初は内部だけのリフォームのはずが徐々に規模が膨らみ、最終的には建物の内外を含めた壮大な計画になりました。ご協力頂いた多くのデザイナー・職方の皆様、施工して頂いた髙田工務店さん、プランの検討から細かな家具・備品の納まりまで快く打合せにお付き合い頂いたお施主さまに感謝申し上げます。

奈良市U邸オープンハウスのご案内

投稿日: カテゴリー: '15-19透き間の家オープンハウス

※このイベントは終了しています。

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

この度、私たちが設計監理を行っている住宅が完成します。大正時代に建てられた町屋のリノベーションです。 お施主さまのご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行うことになりました。古い木造住宅の改修やリノベーションをお考えの方、新築住宅をお考えの方、まだ具体的な計画はないが将来的に家づくりを考えておられる方ももちろん大歓迎ですので、お気軽にお越し下さい。

掲載:TILE DESIGN BOOK

投稿日: カテゴリー: メディア

 

弊所設計『Cafe Franz Kafka』『岡山ビル』が、幻冬舎の「TILE DESIGN BOOK タイル装飾で建築をアートに変える」に掲載されています。新旧のタイルの事例やマニアックなタイルの知識など、タイル愛に溢れた一冊です。是非ご覧下さい。

 

[amazonjs asin=”4344915488″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”TILE DESIGN BOOK タイル装飾で建築をアートに変える”]

“昭和小路の長屋”をUPしました。

投稿日: カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋お知らせ

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

worksに昭和小路の長屋の竣工写真をUPしました。賃貸向け京町家のリノベーションです。限られた予算の中で行う事業物件のため高価な素材や難しい納まりはありませんが、元々のポテンシャルに助けられて、陰影のある良い空間になりました。フォトグラファーの笹倉夫妻には今回も寒い中頑張って頂き、感謝感謝。

オープンハウスご来場ありがとうございました。

投稿日: カテゴリー: '16-18愛でる家オープンハウス

先日のオープンハウスにはたくさんの皆様にお越し頂き誠にありがとうございました。心配した雨も上がり、さわやかな気候の中でゆっくりと見て頂くことができたように思います。今回はなんとお施主様も一緒になって来場者の方々をおもてなし。数々の思い入れディテールを語って頂き、本当に設計者冥利に尽きます。

 


心配した別注品の数々も、カーテンと一部の照明を除いてなんとか間に合いました。写真はお施主様の骨董・美術品を収蔵する予定のギャラリー。ひとまず今回のリノベで採用したサンプルを並べてみました。それなりに価値のあるように見えてくるから不思議です。奥に写っている、かみ添さんの襖紙についてはまた後ほど。。。

受賞:NISCイソバンドデザインコンテスト/掲載:新建築2017年11月号

投稿日: カテゴリー: '12-14『』の家お知らせメディア受賞

2014年に完成した大阪市の住宅、『』の家が第8回NISCイソバンドデザインコンテストの住宅部門賞を受賞しました。また、同コンテストの審査の模様は新建築2017年11月号に掲載されています。よろしければご覧ください。

イソバンドはNISC(日鉄住金鋼板)の外装材の商品名です。『』の家は狭小間口のため外側から人が入って施工することが出来ず、建物内側からジョイント可能・かつ断熱材の入った鋼板パネルを採用しています。外気から室内までの壁厚みは僅か50mmです。壁が薄いということは配管類や鉄骨部材が全部露出になってしまうということなので、非常にシビアな施工が求められます。担当して頂いた大和建設さんの高い技術力と細部へのこだわりがなければ、おそらくこの計画は実現しなかったでしょう。ディテールや法規制対応に協力して頂いたNISCの皆さまにも感謝申し上げます。また、スリムな構造架構を計画してくれた磯本佳秀くん、プライバシーの調整が必要な大きな開口に3種類のカーテンを組み合わせて提案して頂いたfabricscapeさん、工事中から現場に入って撮影して頂いた山田圭司郎さん、拙作を選出して頂いた青木淳・千葉学 両先生、そして何より思い切った案にも快くOKを頂き、上手に住みこなして頂いているお施主さま一家に感謝いたします。ありがとうございます。

 

受賞発表とはいえ、私たちの事務所では新建築への初掲載となり、大変光栄です。またこういう機会に恵まれるよう、更に精進したいと思います。

奈良市K邸オープンハウスのお知らせ

投稿日: カテゴリー: '16-18愛でる家オープンハウス

※このイベントは終了しています。

この度、私たちが設計監理を行っている住宅が完成します。築40年ほどの数奇屋風住宅のリノベーションです。お施主さまのご厚意によりオープンハウスを行うことになりました。新築住宅の建築をお考えの方はもちろん、古い木造住宅の改修をお考えの方、中古戸建て住宅のリノベーションをご検討中の方など、私たちの設計の実例を見て頂ける貴重な機会ですので是非お越し下さい。

名古屋モザイクデザインアワードの受賞式

投稿日: カテゴリー: '15-21岡山ビルお知らせ受賞

名古屋モザイクデザインアワードの受賞式に行って参りました。社長さんから直々に賞状を頂き、恐縮。

 

 


受賞作である「岡山ビル」の解説中。今日は珍しくスーツです。

 

 


月刊商店建築の塩田編集長、他の受賞者の皆様、名古屋モザイクの方々と。

 

 

貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

着任いたしました。

投稿日: カテゴリー: お知らせ

今期から非常勤講師を務めさせて頂く神戸松蔭女子学院大学の授業が始まりました。科目は「インテリアコーディネート実習」です。バリバリの建築学科ではない学生たちにどうすれば楽しく、分かりやく、インテリアを学んでもらえるのか、試行錯誤しながら、よくあるインテリアの講義と少し違った切り口の実習になればいいなぁと思っています。

 

 

受賞:名古屋モザイクデザインアワード2017

投稿日: カテゴリー: '15-21岡山ビルお知らせ受賞

 

昨年竣工した大阪市中央区のオフィスビル「岡山ビル」が名古屋モザイクデザインアワード2017の銅賞を受賞しました。

⇒受賞作品紹介

同賞は前回に引き続いての受賞となりました。華麗なライティングを行った訳でもなく、高級なタイルを大量に使ったり、特殊な使い方をした訳でもなく・・・という中でこうやって高い評価を頂くことは設計者として大変嬉しいことです。過分な評価を頂いた審査員の皆さま、形が均一でなく崩れやすい上海の古煉瓦を丹念に貼って頂いた施工関係者の皆さま、陰影と質感の豊かな写真を撮って頂いた笹倉くん、プロジェクトをお任せ頂いたお施主様に感謝いたします。ありがとうございます。

掲載:名古屋モザイクHOME TILE BOOK

投稿日: カテゴリー: '14-15着替える家お知らせメディア

「着替える家」を名古屋モザイク工業のHOME TILE BOOKに掲載して頂きました。実例を中心にまとめたモザイクタイルのカタログです。ショールームでお施主様と組み合わせを考えたり、工務店さんに無理を言って一枚だけゴールドをはめ込んでもらったり、と色々工夫したことが思い出されます。ありがとうございます。

岡山ビルが『新建ハウジングプラスワン』に掲載されました。

投稿日: カテゴリー: '15-21岡山ビルお知らせメディア

弊所設計の「岡山ビル」が『新建ハウジングプラスワン 2017年8月号』(新建新聞社)に掲載されています。写真・図面・テキストでプロジェクトについて非常に分かりやすくまとめて頂きました。ありがとうございます。よろしければご覧下さいませ。

岡山ビルが『MINI BUILDING 5』に掲載されました。

投稿日: カテゴリー: '15-21岡山ビルお知らせメディア

弊所設計の「岡山ビル」が韓国の建築書籍『MINI BUILDING 5』(A&C Publishing)に掲載されています。世界中の割とコンパクトな建築を集めた一冊です。

日本では簡単に購入できないようなので、どうやったら手に入るのか出版社に尋ねたら、ご親切に韓国からエアメールで完成品を一冊お送り頂きました。ありがとうございます。さっそく本棚に飾りたいと思います。