リシン吹付けのリシンとは何?

投稿日: カテゴリー: 用語

先日、アメリカ大統領に送り付けられたというニュースが話題になった「リシン」。建築では外壁の仕上げ材に「リシン吹付」が非常によく使われています。何でも青酸カリの1万倍の毒性らしいですが、そんなもの建材に使って大丈夫?それとも別物???ということでちょっと調べてみました。

建材の「リシン吹き付け」といえばこれ。外壁仕上の定番ですね。(シポカケン[エスケー化研])

 

リシン[Ricin]・・・トウゴマ(ヒマ)の種子から抽出されるタンパク質。猛毒のリシンはこれ。

リシン[lysine]・・・α-アミノ酸のひとつ。これは毒じゃないみたいですが、建築資材とは違うようです。

(以上写真・テキストはwikipedia)

ということでネットで調べてもほとんど情報がありません。リシン吹き付けって一体・・・色々調べてみると、日本建築仕上材工業会のホームページに下記のような記事がありました。

「仕上塗材の一種である樹脂リシンやセメントリシンは砂が散布されたような仕上がりとなる材料ですが、和製英語のスペルは「lithin」で、ヒマ(Ricinus communis)の実から得られる毒素リシン(ricin)とは全く異なります。」

 

少ない情報から推測すると、昔日本に入ってきた石目調の吹付材の商品名が「lithing」だったので、それがそのまま和製英語として定着してしまった、ということのようです。「lith」は石版を意味するモノリスのリスですね。なるほど納得ですが、猛毒と同じ名前なんて非常に紛らわしい。こんどからθに気をつけて発音したいと思います(笑)。

引き残しゼロ引手

投稿日: カテゴリー: '10-13おうとくケアセンター道具

引き戸は指詰めの危険があるので、通常、引手が巻き込まれないように引き残しを確保します。しかしスペースが超タイトな場合は、扉の間口を極力広くとるため引き残しを取れない場合があります。 そこでこの引手。

引き残しゼロでも指先が隙間に挟まらないような構造になっています。頭では理解できていても、いかにも挟まりそうで妙な恐怖感が・・。指詰めの痛さは身をもって知っているからでしょうか。

戸を閉じたところ。とても綺麗に収まりますが、やっぱりできれば余裕をもった設計にして、これは使わずに済むようしたいものです。

(2020.12.21追記)時々、同業の方からこの引手のメーカーや品番を教えてほしいとお問い合わせを頂きますが、この商品はすでに廃盤となっており販売されておりません。また、弊社ではウェブサイトに公開している情報以外のデータを無関係の方に開示する意思がありません。お問い合わせには一切お答え致しませんのでご了承下さい。

エコ水栓とは。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 道具

お湯と水が両方出せる水栓のことを「混合栓」といいます。最近ではキッチンでも洗面所でも、水栓に付いたバーの左右で湯/水を切り替える「シングルレバー水栓」が一般的になっています。普通、バーを左に回すと湯、右に回すと水です。では左右どちらにも首を振らない正面の状態ではどちらが出るでしょうか?
従来の水栓では、答えは「湯・水の混合」です。水の冷たさが気にならない春~秋は実感があまりありませんが、湯を出そうと考えていない時でも水栓をひねれば給湯器が反応する、ということになります。ちょっともったいない気がしますね。

そこに目を付けた「エコ水栓」が今年から出始めています。レバーを中央にした状態でも水が出るように改良し、湯が反応するところまでレバーを回すと「カチッ」と音がするので、今湯が出ている状態なのかどうか、簡単に分かるようになっています。ちょっとした工夫ですが、これは何故今まで誰も気付かなかったのかなあという目から鱗アイデアだと思います。

今ではキッチン・洗面所用どちらもラインナップされていますし、キッチンではシャワー引き出し式や浄水器内蔵水栓も対応が出来ています。見た目は従来のシングルレバー水栓と変わらないので、この先全てのシングルレバーはエコ水栓に取って変わるんだろうなあと思います。TOTOの商品名は「エコシングル水栓」。LIXILの商品名は「エコハンドル水栓」です。
それだけの理由で今お使いの水栓を取り替えたほうが得なのかどうか、は良く分かりませんが、TOTOの試算ではキッチン水栓をエコ水栓に取り替えれば年間4680円の節約になるとか・・。当所でもエコ水栓を標準仕様として使っていきたいと思います。

合理化/VE

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 用語

われわれ設計事務所が建築をつくる場合は、自前で施工部隊を持っていないために設計時点で工事費用がいくらかかるか算出することができません。それがメリットでもありデメリットでもあります。経験と大まかな坪単価を頼りに設計を行い、工務店に合い見積を取ってからが本格的な費用調整を行います。そのため設計段階ではとりあえず見積もりに入れておいて高くつくようなら止めよう、という項目がいくつも出てきますので、見積金額は予算を超過することが普通です。(場合によっては予算の1.5倍程度に膨らむ場合もあります。)
見積の内容を比較検討して、取捨選択することで予算内に収まればよいのですが、それでも予算オーバーとなる場合は仕様の見直しを行う必要が出てきます。これを業界的に「合理化」「VE」と言っています。
VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。(日本バリューエンジニアリング協会HPより抜粋)
見積の全項目について細かく査定し、本当に必要なものとそうでないものを区分けしていく作業は、お施主さまにとっては「計画を実現する上で本当に大切だと思っていることは何か」という問題に立ち返ることになります。これはなかなか難しい問いですが、新しい建築をつくり、この先数十年を展望する上ではとても重要なことではないかとも思います。
一般的に見れば瑣末な要件でも、その方にとっては譲れない大切なもの、という場合も多々あります。こだわりというのは一見無いようで、突き詰めれば身の回りの色々なところに潜んでいます。まさに無くて七癖。そういう顕在化したこだわりの結晶として、他にはない建築が出来ればとても良いなあと思っています。

新築にかかる税金

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 用語

今年に入ってローコスト住宅のご相談が多く、厳しい資金計画と建築コストのバランスに悩む日が続いています。シビアな計画になると、建築費以外にかかってくる諸経費についても事前にある程度のめぼしを立てておかねば計画自体が破綻してしまう可能性が出てきます。
本日は新築に関わる税金についてのまとめです。
土地と新築住宅に係る税としては、「固定資産税」「都市計画税」「不動産取得税」の3つが上げられます(消費税除く)。これら3つの算出には、固定資産台帳に記載された登録価格が基になります。
■固定資産課税台帳登録価格
【土地】台帳価格は購入価格の50~70%程度が一般的。路線価からある程度の判断を行うこともできる。
→全国地価マップ
[想定金額]=A
【建物】台帳価格は建築費の50~70%程度が一般的。(正確な金額は役所が調査の上決定するため竣工前には確定しない)
[想定金額]=B
このA、B2つをそれぞれの税の計算式にあてはめていきます。
■固定資産税(市町村税)
【土地】
[計算式] 台帳価格×1.4/100
[減免] 200㎡以下の住宅用地は1/6に減免
[想定金額] A×1.4/100×1/6
【家屋】
[計算式] 台帳価格×1.4/100
[減免] 3F以上耐火建築物の新築なら5年度まで税額x1/2、それ以外の新築は3年度まで税額x1/2
[想定金額] B×1.4/100/2 ※ただし3または5年度まで
■都市計画税(市町村税)
【土地】
[計算式]課税標準額×0.2/100
[想定金額]A×0.2/100
【家屋】
[計算式]課税標準額×0.2/100
[想定金額]B×0.2/100
■不動産取得税(道府県税)※取得時1回だけ必要
【土地】
[計算式]台帳価格×3/100
[減免]
①宅地の場合は台帳価格の1/2とする
②45000円、または床面積×2×(土地の課税台帳価格×1/2÷土地面積)×3%の大きいほ
うだけ軽減
[想定金額]
床面積×2×(A×1/2÷土地面積)×3% と A×1/2×3/100  の大きいほう
[補足]減免①の特例はH24/3/31までの適用
【家屋】
[計算式]台帳価格×3/100
[減免]新築住宅・自己居住用で50㎡以上は1200万円まで控除
[想定金額] (B – 12,000,000 )×3/100
[補足]
・減免にあたっては道府県への申請必要
実際は家屋の評価額が経年により下がっていくため、なかなか正確な想定は難しいようです。

同じ床面積でもローコスト化できる?

投稿日: カテゴリー: 用語

突然ですが問題です。

2辺の長さがa,bで面積がAの長方形がある。この外周の長さが最小となるa,bの値を求めよ。

a,bの長さに関係なく、面積が一定なら外周の長さも同じような気もしますが、正解はa=b=√A、 要するに正方形です。建築にあてはめて考えてみると、屋根勾配がないハコ型の建物なら、正方形の平面形状にすると最も表面積が少なくて済み効率的、というになります。

構造設計の面からみても、極端に細長い建築物は短手方向の耐力を確保しにくく、建物内部に壁が増えたり、特殊な設計が必要になる場合があります。建築のローコスト化については延べ床面積の大きさや建材のグレードばかり問題になりますが、実は建物の形状も重要な要素です。

四つ角の家・・・8.1m角の完全な正方形プランとしてローコスト化にも貢献

とはいえ、自由に建物の形状や配置を考えられる広大な敷地は日本には少なく、いわゆる「うなぎの寝床」に代表されるような、間口が狭く奥行きが長い敷地がたくさんあります。うなぎの寝床は狭い隣地境界沿いの難しい工事や、密集市街地における準防火地域対応など、コスト高にならざるを得ない要因が他にもたくさんあり、設計が非常に難しいのですが、デザイン的には特徴的で面白い建築を計画しやすいので、悩ましいところです。

『』の家・・・うなぎの寝床のポテンシャルを引き出す。

【高校生並み証明】

A=abよりb=A/a
外周長さは
2a+2b=2a+2(A/a)
=2(a+A/a)
相加平均・相乗平均の関係より
a+A/a≧2√(a・A/a)
⇔a+A/a≧2√A
等号成立はa=A/aの時⇔a=√Aのとき (このときb=√A)
よって外周長さ
2a+2b≧4√A
最小となるときのa=b=√A

こんなもんでしょうか。。

アイランドキッチンのプランニングいろいろ

投稿日: カテゴリー: 用語

アイランドキッチン。キッチンと壁面を切り離して、LDKの中にキッチン空間を組み込めばLDKが大きくなって、キッチンも単なる作業空間じゃなくなって良いんじゃないか、という考え方です。今ではメーカー製のシステムキッチンでもアイランド型がたくさん出ていますので、一般にもよく知られています。われわれ設計事務所でキッチンをつくる場合には、キッチンだけではなくてダイニングテーブルまで含めてつくってしまうケースが多いです。

■Fig1:一般的なアイランドキッチン~ダイニング一体型のイメージ

一般的なイメージとしてはこういうものでしょう。大きなすっきりしたカウンターがLDKに浮かんでいるイメージですね。もちろんつくろうと思えばつくれます。しかしキッチンはあくまで作業をするスペースですので、実際の使い勝手を考えると色々問題が出てきます。

 

■Fig2:実際的なアイランドキッチン~ダイニング一体型

キッチンは立って作業するところなので、そのカウンターの高さは85-90cmが適正です。一方テーブルは座って肘をついた時に無理な姿勢にならない高さが標準なので70cm+αが適正。そのためダイニング側とキッチン側でカウンター高さに15cm程度の段差がつきます。また、普通はコンロの上には強力な換気扇をつけますので、それが天井からぶら下がってきます。さらにコマゴマとした器具類と、冷蔵庫の置き場所も確保してあげる必要があります。

そう考えるとダイニング・キッチンにはかなり大きな空間が必要になることが分かってきます。

 

■Fig3:パントリーを設置した案

冷蔵庫やコマゴマとした器具類はあまり見栄えがよろしくないので、スペースに余裕があれば別室をつくって収めたほうが良さそうです。引き戸にしておけば普段は使い勝手も一直線型キッチンと変わりません。

 

■Fig4:あくまでアイランドにこだわる案

こんろの隣に冷蔵庫を置き、その周囲を壁で囲ってしまう形もあります。レンジフードをアイランド型ではなく壁付け型にできるのでコストは幾分抑えられます。デザイン的には、あまりすっきりしません。

■Fig5:シンク・コンロ分離案(ダイニングとコンロ一体)

キッチンのコンロとシンクを切り離す計画はとてもスタンダードですが、やはりメリット・デメリットが付きまといます。シンク廻りを切り離せばダイニングカウンターは全体を高さ70cmですっきりつくることができます。しかしカウンター上にレンジフードが出てきます。(床引き型のレンジフードを使うという手もありますが、まだ一般的ではないですね)

 

■Fig6:シンク・コンロ分離案(ダイニングとシンク一体)

一方、コンロ廻りを切り離すと、カウンター上にレンジフードが来ないので上空はすっきりします。その代わりやっぱりカウンターには段差が必要です。

 

■Fig7:シンク・コンロ分離案(ダイニングとシンク一体なおかつカウンターは段差なし)

どうしてもカウンターに段差が欲しくない場合は、逆にキッチン廻りの床面を15cm程度下げてしまうという荒業も考えられます。若干使い勝手は悪くなりますが、キッチン自体の収まりは格段によくなります。

 

■Fig8:おまけ。最近のはやり。

細長いダイニングキッチンではなく、ほぼ正方形の形につくって大きな机をみんなで囲む形が多くなりつつあります。カップル同士で喫茶店に行くとき、対面で食べるより、90°向かい合って食べるほうが親密度が上がるともいいますし、こういう形は食事が楽しそうな感じはします。ただカウンターの段差、冷蔵庫、レンジフードの問題はやっぱりどうにかして解決しなければいけません。

シンプルそうに見えるアイランドキッチンですが、使い勝手を考えるとなかなか難しいものです。ちゃんと設計されている場合はこれらのどれかになっている場合がほとんどです。それ以外の場合は、座面の高い椅子を使うとか、レンジフード無しにしてしまうとか、どこかやせ我慢してるんだなぁということですね。

当事務所で設計する場合は基本的にはやせ我慢しない形で考えます。お施主さまが「ミバ優先で!」と言われる場合には、もちろん喜んで対応させていただきます。

ゴトクとは。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 道具

ガスキッチンの設計をしていると、「ゴトク」という耳慣れない単語が良く出てくることに気付いて調べました。
・・如く?
いや、五徳です。
たまに取り外して洗う、あれです。ガスコンロの足。五つの徳。なんだか曰くありげな言葉です。

wikipediaによると。
五徳は初めは3足で、輪を上にして用いた。これは古くは竈子(くどこ)と呼ばれたもので、古代の鼎に由来するものである。五徳が発生したのは安土桃山時代と思われる。すなわち、茶道の始まりと共に室内で用いる小型の炉「茶炉」又は「風炉」があらわれ、この時竈子を今までとは逆にし、爪を上にして使われるようになった。これにより「くどこ」を逆にして「ごとく」と呼び、五徳の字を充てたものである。
ううむ。。予想を凌ぐ奥深さ。
さらに続きます。
「丑の刻参り」という、人を禍に陥れる呪術において、五徳は儀式の上での道具であった。五徳を頭に被って、そこにロウソクを立て、白装束を身に纏うといったいでたちで、丑の刻(深夜)に神木のある場所に出向いて、結界を破るために釘を打ち込み、牛などの姿をした妖怪を呼び出したといわれる。
TVなどでよく?ロウソクを頭に立てる場面を見かけますが、あれは直接頭にロウソクを巻き付ける訳ではないんですね。
どこのご家庭にもあるゴトクですが(オール電化じゃなければ・・)、実はなんだかすごいモノのようです。コンロといえ、ゴトクといえ、ガス(瓦斯)製品は、割とレトロな語彙が残っていて、大変面白いです。

1帖の広さ

投稿日: カテゴリー: 用語

住宅レベルの建築に関する面積の単位はだいたい3種類です。よくご存知の㎡、帖(畳)、坪がそれです。大きさを図にするとそれぞれこんな関係性になります。

1坪は畳2枚分の広さです。しかし1帖という広さは、畳1枚の大きさをどう考えるかによって微妙に変わってしまうので注意が必要です。(不動産図面では「現況を優先します」という一文でその辺りをバッサリ曖昧にしてしまいます)

一般的には
畳一帖=909mm x 1818mmと考えて計算しますので

1㎡=0.3025坪=0.605帖

です。現代でも室内の大きさを表す時は「帖」、土地の大きさを表す時は「坪」が日本人には分かりやすいようです。ちなみに300坪で1反(段)となり、田んぼの大きさによく用いられます。なぜ300坪で1区切りかというと、300坪で米の生産量で1石に相当するためらしいです。単位や尺貫法は調べていくと、なかなか奥深いものがあります。

普請は道楽?

投稿日: カテゴリー: 用語

明治期に「建築」という言葉が生まれる以前、わが国では建物をつくることを何と表現していたのでしょう。

調べたところによると、「普請」ということばがそれに当てはまるようです。最近では「安普請(安く建てた家)」「普請道楽(家にお金をかけまくる)」という使い方程度にしか残っていない単語なので、何となくイメージが良くない気もします。しかし普請とは普く(あまねく)請う(こう)ことであり、まさに多くの人に手伝ってもらう、という言葉です。元々は仏教用語だったようですが、昔は一つの建物を作り上げるまでにたくさんの人の力が必要だったので、その代表的な単語である「普請」を家づくりを指す言葉として使ったのでしょう。ちなみに「普請」と同じような意味の単語に「勧進」があります。寺社をつくる際に寄付を呼びかける文章を「勧進帳」と言い、歌舞伎の演目にもなっているのでご存知の方も多いと思います。

さて、みんなに手伝ってもらうことをあらわす「普請」。現代ではそういうイメージをもって家作りに臨むお施主さまは殆んどいないと思います。ハウスメーカーとの家作りでは主な相談先は営業マンということになりますし、建売住宅を購入する場合は作り手との接点自体が存在しません。

しかし現代でも、一つの建物が出来上がるまでに多くの人の力が必要となること自体は変わりありません。建設会社が工事を請け負う場合でも実際に作業を行うのはその建設会社の取引先の大工・金物・サッシ・家具・電気・ガス・水道・空調といった専門の職人さんたちです。現場では様々な職人さんたちに設計のイメージを伝え、逆に専門的な意見を聞きながら、イメージどおりでしかも用に耐えるのものを生み出していきます。我々が設計図に書くことはいわば机上の空論なので、実際施工する側の視点で考え直すプロセスがとても重要です。

や「こんな感じに出来たら絶対いいと思うんですけど、難しいですかねえ?」
現「やってできないことないですけど、こんな感じのほうがいいんちゃいますかねえ」
や「いやー、それは考えたんですけどね~。それやとここがうまく行かないんですよー。」
現「うーん、じゃあここをこうすれば?」
や「おお、それはむっちゃイイっすねえ。それで行きましょう!」

そんなやりとりはまさに「普請」といえるものです。

普請を重ねた建築は、一人の設計者ではなく現場全体の意思のカタマリとして立ち上がってきます。逆にコミュニケーションが機能不全を起こした現場は、イメージどうりには出来上がりません。現代における普請、現場監理はとても重要です。

被災建築物応急危険度判定士

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 用語

被災建築物応急危険度判定士という少々長めの名前がついた資格の講習会に行ってきました。地震災害の時に、ボランティアで被災地を回って、危険な建築物とそれ程でもない建築物を仕分けしてまわる役目を担うための資格です。

一般にもよく知られている「罹災証明」は詳細な建物調査を必要とします。大地震時は何千という建物を調べなければいけないので、詳細調査には時間がかかります。そのためとりあえずの応急措置として倒壊の危険性がある建物を明らかにし、その建物を使う人と、その周辺の人の安全確保、二次災害の防止を行う必要があります。

チェックリストに沿って建物を調査して、こういうシールを建物の外面に貼っていきます。

阪神大震災から16年、当時はまだ学生でただTVで状況を見るだけでした。こういう枠組みがあると、知識を生かしてお役に立つことが出来そうです。

斫る・毀つ

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 用語


コンクリートなど硬いものをガリガリ削ることを、俗に「斫る(はつる)」と言います。一般的には耳慣れない言葉ですが、現場では日常的に使われています。普通、コンクリートは一回打ったが最後、やり直しはしないものなので、「斫り(はつり)」とはやりなおし工事を指す場合が多く、できれば使いたくない用語の一つです。
また、建物を解体することを「毀つ(こぼつ)」と言うのですが、皆様ご存知でしょうか。高校のときに「毀る」という動詞で、古典の時間に習っているはずです。大阪の現場ではあまり聞くことはないのですが、奈良では建築関係者じゃなくても、ごく普通に「うちの家、こぼって建て替えたんや」という具合に使われます。古典で習う単語がそのまま現在でも使われいる、ってある意味すごい事だなあと思います。まさにシーラカンス状態。「解体する」という単語より、「こぼつ」のほうが、何となく、木槌でボコスカやる感じが出て、個人的にはとても好きだったりします。

エレベーターかエレベータか。

投稿日: カテゴリー: 用語

以前、建築業界では「設計意図」、機械業界では「設計思想」という言葉を使うと触れました。もっと単純な違いとして、長音記号の使い方が建築系と機械系では異なります。

例えばelevator。

建築系では「エレベーター」
機械系では「エレベータ」

手元にある機械系の大学の教科書を見てもセンサーは「センサ」。アナライザーは「アナライザ」。メーターは「メータ」。機械屋さんは長音で終わらないことに頑固一徹なコダワリがあるのです。調べると電気系でもcomputerは「コンピュータ」。要するに工学の用語としては、長音記号を書かない言葉が正としてJISに定められているから、ということのようです。

建築も工学のはしくれとしての自覚をもって欲しいものですが、partitionのことを「パーテーション」という人が多発するぐらいなので、やれやれ、いい加減なものです。建築というジャンルは厳格な理系分野ではなく、思想であったり歴史であったり、文系分野にも広くまたがっています。その一端が長音記号の使い方にも表れているようで、機械・建築両方を学んだ身としてなかなか興味深いものがあります。

レゴとダイヤブロックの建築家的な比較

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 道具


レゴから20世紀を代表する建築家フランク=ロイド=ライトの名作、グッゲンハイム・ミュージアムと落水荘(Falling water)が出るそうです。写真を見る限り、若干微妙な出来栄えではありますが・・・一建築家としては、少し、欲しいような。グッゲンハイムは別として、確かに一時のライトはレゴ的ですし・・・。

旧山邑邸[芦屋市 | フランク・ロイド・ライト設計]
それはさておき、ぼくはレゴは小さい頃から今まで一度も買ったことが、また買ってもらったことがありません。親戚の子が持ってたので辛うじてそれで遊んだことはありますけど。というのは我が家はダイヤブロック派だったからです。
ダイヤブロックはレゴのまがい物のように思われる方もいるかもしれませんが、全く似て非なるものです。コンセプトがかなり違う。レゴの基本姿勢は、ある完成形があって(つまり箱に描いてあるもの)その部品を過不足なく組み立てていく、という考え方。凸凹がないパーツやななめのパーツ、極小のパーツもどんどん出てくる。それに対してダイヤブロックは、基本的には「積み木」です。完成形はあんまり意識されてない。ある一つのゴールに向かうのではなく、作り手(つまり子供ですが)が何を作るか考えないといけない。ある比較サイトによれば、
・レゴのほうがカチッとはまる。ダイヤブロックはそんなにしっかりパーツがはまらない。
・レゴは基本ブロックの比が3:4、ダイヤブロックは1:2
確かにこれは実際そうだった記憶があります。


ブロックの接合の強さは、まさにコンセプトの違いをよく表しています。レゴは基本的に1度組み立てれば完成、あとは展示品になるのでしっかり固定する必要がある。ダイヤブロックは積み木的なので遊ぶのが終わったら全部バラして、また入れ物に戻して片付ける。
ブロックの縦横比の違いは実際、かなり創作に影響を及ぼしていたはずです。つまり縦横の使い分けによってダイヤブロックは簡単に正方形をつくることが出来る。それによって子供ながら出来栄えのプロポーションというか、要するに「おお、なんとなくカッコよくなった!!」みたいな感覚で遊べたように思います。うまく出来たらバラさず次の日まで置いて眺めたり。
やまもとは特にブロック遊び大好きっ子だったので・・・別に友達が少なかった訳ではありませんが・・・朝から晩までダイヤブロックで遊んでいました。縦横に積んだり、斜めに積んでみたり、角のひとコマだけ積んで、可変式にしてみたり…。一つのものを作るなら完成度はレゴに遥かに及びませんが、一つの部品の集まりで何でもつくれる、ブロックが何にでも変われる、という自由度はダイヤブロックのほうが勝っていたように思います。
そういえば幼い頃、レゴを親にねだった事がなかったのは、なんとなくそういう不自由さが嫌だったのかもしれません。(注:もちろんレゴにも用途が決まってないシリーズ、ダイヤブロックにも用途が決まっているシリーズはあります)